ポケモン・ゴー以外でも拡張現実が利用されていることはご存知でしたか?

一頃の騒ぎは最近おさまってきましたが、未だに多くのスマートフォン利用者が仮想世界でポケモンを追いかけています。このゲームアプリは、初めて広範囲のユーザーにAR(拡張現実)を親しみやすくしてくれました。AR(拡張現実)では、実際の環境が、バーチャルの補足的な情報やインタラクティブな機能によって補われ、現実世界とバーチャルな世界が混じり合います。  

 

開発は、日進月歩で進んでいます。現在既に市場では、ユーザーがインタラクティブの三次元映像を直接的に周囲の環境に投影できる ARゴーグルを購入することができます。

AR(拡張現実)は、製造業でも重宝されています。例えば、フォルクスワーゲンでも、3Dゴーグルを使って製造をサポートしています。製造ラインを流れる本物の自動車の上に、部品や組み立て指示書をバーチャルに投影しています。輸送大手DB Schenkerでは、ARゴーグルでカラーシンボルを示して、倉庫作業員がどの棚から物を取り出し、どのような形状で梱包すべきかを指示しています。DHLもすでに多くの倉庫でデジタルゴーグルを使って、製品をみつけやすくしています。その他、生産計画、保全、職業教育や社員教育やマーケティングでもこの技術は活用することができます。そして、もちろん今後ともモンスター狩りを行ったり、他のゲームにも使えます。

このようなトレンドは、YouGovのアンケートでのドイツ企業のエクゼクティブによる回答でも裏付けられています、余暇での積極利用と並び、この技術が63%の人が仕事の日常でも普及することを予想しています。

ニュースレター

ご存じでしたか。

見識を深める魅力的な情報をZEISSの世界からご紹介するニュースレター:オスカー受賞シネマ用レンズの古典的芸術作品の分析、折りたたみ式望遠鏡から“ウルトラライト”を使用した検査まで。

www.zeiss.co.jp/didyouknow
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細