脳内を旅することが可能なことを、ご存じですか?

1966年のSF映画『ミクロの決死圏』では、ミクロ化された医師の一団が、ミニサイズの潜水艇に乗って人間の体内を動き回ります。彼らは血流に乗って脳まで到達し、危険な血栓を取り除きます。今日の医療では、Immersive

顕微鏡(没入型顕微鏡)法により、かつての夢物語が現実味を帯びてきました。医師は仮想現実(VR)および最新の3Dレンダリング技術を活用し、複雑に入り組んだ脳構造の実サンプルを探索することができます。このテクノロジーは、CGアーティストが生み出した3D画像の人工の世界ではなく、実際の組織サンプルを映し出している点が革新的です。


どのような仕組みなのでしょうか。まず、例えばマウスの脳から、通常の組織切片あるいは組織サンプル全体を入手します。これらのサンプルを高解像度の光学顕微鏡、電子顕微鏡、またはX線CT顕微鏡で捉え、パワフルなソフトウェアアルゴリズムを使用して3D画像として表示します。コンピューター断層撮影から得られたデータをベースとして、脳へのVRの旅が実現されます。研究者はVRヘッドセットを着用し、ミニサイズの潜水艇に乗っているかのように臓器内を動き回れます。ZEISSは3Dソフトウェア企業arivis社と提携し、このようなImmersive 顕微鏡(没入型顕微鏡)のプロトタイプ開発に取り組んできました。


現段階でも、ユーザーはすでに、3D視覚化された実際の組織サンプルの中を頭を動かすだけで探索できるようになっています。これにより、組織イメージを平面モニターで確認するなどの従来の手法に比べて、脳内の構造をよりよく理解できるようになりました。インタラクティブな測定や分析までもが、すでにバーチャル環境で実施可能になっています。今後のバージョンではサンプルに触れたり変更を加えることも可能になり、いずれはVR手術が現実となることでしょう。
 

2017年4月3日

ご存じでしたか。

Fascinating insights into the world of ZEISS

From the analysis of classical works of art to Oscar-winning lenses; from pull-out telescopes to examinations using "ultralight"

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細