IOLMaster 700 Moment
innovationMADE BY ZEISS
New: with Barrett Suite
Getting fewer refractive surprises. ZEISS IOLMaster 700
innovationMADE BY ZEISS
IOLMaster 700

ZEISS IOLMaster 700

>99% cataract penetration rate5

More information

IOLMaster 700 New: with Barrett Suite
Get fewer refractive surprises. ZEISS IOLMaster 700

Schedule your Consultation

IOLMaster 700

Next generation biometry from ZEISS

販売名  : IOLマスター 700
認証番号 : 226AHBZX00028000

  • Highlights

    With SWEPT Source Biometry and Barrett Suite

    スウェプトソースOCTテクノロジーとBarrett Suiteのコンビネーションで術後屈折誤差をより少なく。スウェプトソースバイオメトリーIOLマスター700に最新のIOL度数計算式であるBarrett UniversalⅡ、Barrett True-KそしてBarrett ToricをBarrett Suiteとしてひとつに組み込みました。

    Loading the player...

    Get fewer refractive surprises

    Tilted lens

    特殊眼球状を検出
    ZEISSのSWEPT Source Biometry IOLマスター 700は全眼球のOCT画像の取得を可能にしたことで、光学式バイオメトリーとしては始めて、水晶体の傾斜や偏心のある特殊形状眼の検出ができるようになりました。このような症例を検出せずにいると、術後屈折の不満症例等の重要な問題につながります。

    Fixation check

    固視不良の検出
    IOLマスター700特有のFixation Check機能はより確実な生体計測を可能にします。
    画像上で中心窩の陥凹は確認できますか? もし確認できれば、固視不良に起因する誤測定により術後屈折誤差を引き起こすリスクを軽減できます。もし確認ができなければ、患者に固視を促し、再検をしてください。

    測定状態を視覚化
    ZEISS IOLマスター700では全眼球OCT画像上に全ての測定項目のキャリパーを表示します。光学式バイオメトリーとしては初めて測定時の眼の状態を可視化し、何を測定しているのか、測定できているのかを確認できます。たった1本のA-Scan波形の解釈や、どのピークが正しいピークかなど考える必要はもうありません。これにより潜在的なエラーを排除することができます。

    Improve your refractive outcomes

    IOLMaster 700 repeatability

    優れた再現性
    再現性は良好な術後成績を得るための基本となります。
    1秒間に2000スキャンを行う独自のSWEPT Soruce Biometryにより、ZEISS IOL マスター700の再現性は顕著に優れていることがわかります。

     

    IOLMaster 700 ULIB

    幅広い臨床情報データベース 
    ZEISS IOLマスター700はIOL マスターの従来機と測定値の互換性があるため“User Group of Laser Interference Biometry”(ULIB)データベースを適用することが可能です。ULIBでは50,000 例以上の白内障手術の臨床データに基づいて最適化されたIOLマスター用のレンズ定数が掲載されており、その数は300以上の眼内レンズモデルに及びます。これにより良好な術後成績を実現します。

    700 telecentric keratometry

    独自のテレセントリックケラトメトリー

    ZEISS はバイオメトリーにテレセントリック、つまり距離に依存しないケラトメトリーを採用している唯一の会社です。その高精度な光学システムにより確実で再現性のある測定を可能にしています。特に測定が難しい患者眼でのケラトメトリーで活躍する技術です。

    最新の眼内レンズ度数計算式に完全対応する計測パラメーター

    ZEISS IOL マスター700では、最新の眼内レンズ度数計算式に必要な全ての生体パラメーターを計測します。

    Show more
    Less

     

    Optimize your workflow

    Case with very dense cataract that could be measured successfully with the ZEISS IOLMaster 700; image courtesy of Prof. M. de La Torre, DLT Ophthalmic Center, Peru

    >眼軸長測定可能率が99%に
    スウェプトソースバイオメトリーにより、従来のIOLマスターと比較してIOLマスター700による眼軸長測定可能率が向上しました。1200眼以上のデータを使用した臨床研究では眼軸長測定可能率が99%に達しました。結果として超音波Aモードを使用するケースが92%も減少し、検査時間の短縮が期待できます。

    Macular hole: Fixation Check image (middle) combined with ZEISS CIRRUS retina OCT image (via photo editor program); Image courtesy of Prof. W. Sekundo, Philipps University Hospital Marburg, Germany

    黄斑疾患のスクリーニングに
    Fixation Check 機能は黄斑円孔などの黄斑疾患を検出するのにも有用です。白内障手術の術前検査と同時に黄斑形態の簡易的チェックが可能です。

    IOLMaster 700 Haigis Suite

    トーリックIOLパワー計算を簡便に
    ZEISS IOLマスター700に搭載されている「Haigis Suite」および「Barrett Suite」(※)によって、器械上でトーリックIOLのパワー計算が可能となり、オンラインカリキュレーターに測定値をマニュアル入力する必要がなくなります。
    ※「Barrett Suite」はオプションです。

    IOLMaster 700 usability

    簡単で検者を選ばない操作性

    生体計測は簡便化の時代です! タッチパネルと新しいインターフェースはスマートフォンやタブレットのような感覚で操作できます。また、アライメントアシスト機能により、最小限のトレーニングで検者に依存しない生体測定データを取得できます。

    Show more
    Less
  • Technical Data
    Technical data IOLMaster 700 from ZEISS
    Measurement range
    Axial length 14 – 38 mm
      Corneal radii 5 – 11 mm
      Anterior chamber depth 0.7 – 8 mm
      Lens thickness 1 – 10 mm (phakic eye)
                           0.13 – 2.5 mm (pseudophakic eye)
      Central corneal thickness 0.2 – 1.2 mm
      White-to-white 8 – 16 mm
    Display scaling
    Axial length 0.01 mm
      Corneal radii 0.01 mm
      Anterior chamber depth 0.01 mm
      Lens thickness 0.01 mm
      Central corneal thickness 1 μm
      White-to-white 0.1 mm
    SD of repeatability4
    Axial length 9 μm
      Corneal radii 0.07 D
      Cylinder > 0.75 D axis 4.5°
      Anterior chamber depth 10 μm
      Lens thickness 19 μm
      Central corneal thickness 2 μm
    IOL calculation formulas
    Barrett Suite* (includes Barrett Toric, Barrett True-K & Barrett Universal II), Haigis Suite [includes Haigis, Haigis-L (for eyes following myopic/hyperopic LASIK/PRK/LASEK, Haigis-T (for toric IOL power)], Hoffer® Q, Holladay 1 & 2, SRK®/T.
    Interfaces
    ZEISS FORUM® eye care data management system
      ZEISS computer-assisted cataract surgery system CALLISTO eye (via USB & FORUM)
      Data interface for electronic medical record (EMR) / patient management systems (PMS)
      Data export to USB storage media
      Ethernet port for network connection and network printer
    Line voltage
    100 – 240 V ± 10 % (self sensing)
    Line frequency
    50 – 60 Hz
    Power consumption
    max. 150 VA
    Laser class
    1

    *optional

    DICOM Conformance Statements

    DICOM Conformance Statements

    A list of DICOM 3.0 Conformance Statements for products from Carl Zeiss Meditec.

    Find DICOM Conformance Statements here
  • Options & Accessories
    IOLMaster 700 Reference Image

    Reference Image

    マーカーレスでのトーリック眼内レンズ挿入

    - ZEISS Cataract Suite マーカーレス

    ZEISS IOLマスター700はZEISS Cataract Suiteマーカーレスシステムの一部です。日常の生体計測の際に乱視があった場合は参照画像を撮影します。前眼部の画像はケラトメトリーの測定中に撮影され、全て1台の器械で完結します。ケラトメトリーのデータと参照画像はZEISSのコンピューターアシストの白内障手術支援システムCALLISTO eyeに転送されます。
    手術の最中、座位で撮影した参照画像は仰臥位のライブ画像とのマッチングに使われます。必要なデータは全てOPMI LUMERAファミリーのアイピースの中に投影されます。
    術前座位での角膜基準点マーキングや、術中のトーリック軸マーキングも不要です。

    IOLMaster 700 Barrett Formulas

    Barrett Suite

    ZEISS IOLマスター700は最新世代のIOL度数計算式であるBarrett Universal Ⅱ、Barrett True-K、 Barrett Toricの3種の計算式をまとめた"Barrett Suite*"を内蔵できます。
    *Barrett Suiteはオプションです。

  • Services
    ZEISS OPTIME

    ZEISS OPTIME

    いつでも必要なときにサポート

    システムの高い可用性をお求めですか?それなら、ZEISS OPTIMEサービス契約がお薦めです。この契約では、お使いの医療機器を常に作動可能な状態に保つためのサービスを提供します。

    ZEISS OPTIMEについての詳細を読む
    ZEISS Remote Service

    REMOTE Service from ZEISS

    Expert assistance from afar

    Do you need immediate service support? ZEISS Remote Service offers online support for customers with ZEISS OPTIME advanced and ZEISS OPTIME complete agreements.

    More about ZEISS Remote Service
    Financial Solutions from ZEISS

    Financial Solutions from ZEISS

    The smart way to acquire ZEISS technology

    Want the latest technology from ZEISS despite a tight budget? ZEISS Financial Solutions might have the right financing options for you.

    More about ZEISS Financial Solutions

    便利なカスタマーケア・パッケージをご利用ください

    サービス契約の申込み登録
  • Downloads

    Articles, White Papers, Brochures

    Find out more about first hands-on experiences and cases of your peers using the ZEISS IOLMaster 700 in their day-to-day practice, as well as about current results of clinical studies. You can also download the latest version of the brochure to read at your leisure.

    Cataract Community

    Cataract Community

    Get quick and easy access to clinical cases, videos and more regarding the ZEISS IOLMaster 700. Discover the latest findings in optical biometry, share your opinion and discuss with peers.

    Join the Cataract Community

詳細はこちら

製品購入に関して

製品購入に関してのお問い合わせ。

お問い合わせはこちら

価格についてのお問い合わせ

営業担当者より追ってご連絡申し上げます。

お見積もりの請求

製品デモ希望に関して

ご興味のある製品のデモ予約お問い合わせ。

デモの予約

カスタマーケア

製品の使用に関してサポートが必要ですか?

お問い合わせはこちら

関連製品

ZEISS Cataract Suite markerless

詳細

ATLAS 9000

詳細

AT Lisa tri family

詳細

VISALIS 500

詳細

CT LUCIA

詳細
  • 1 LENSTAR LS900, HS-Art.No. 1511.7220032.02060, standard deviation (1,σ); IOLMaster 500, Vogel A, Dick B, Krummenauer F:Reproducibility of optical biometry using partial coherence interferometry. Intraobserver and Interobserver reliability. J Cataract Refract Surg 27:1961-1968, 2001 standard deviation (1,σ); IOLMaster 700 see technical data
  • 2 Aristodemou P, Knox Cartwright NE, Sparrow JM, Johnston RL, Intraocular lens formula constant optimization and partial coherence interferometry biometry: Refractive outcomes in 8108 eyes after cataract surgery, J Cataract Refract Surg. 2011 Jan;37(1):50-62
  • 3 ZEISS Cataract Suite markerless is available with: S7 / OPMI Lumera, S88 / OPMI Lumera T, OPMI Lumera i and OPMI Lumera 700
  • 4 Carl Zeiss Meditec AG, clinical trial, EUDAMED No. CIV-12-08-008641
  • 5 R. Varsits, N. Hirnschall, B. Doeller, O. Findl; Increasing the number of successful axial eye length measurements using swept-source optical coherence tomography technology compared to conventional optical biometry; presented at ESCSR 2016
  • 6 Bertelmann et al.; Foveal pit morphology evaluation during optical biometry measurements using a full-eye-length swept-source OCT scan biometer prototype; European Journal of Ophthalmology, Nov/Dec 2015
  • 7 Walter Sekundo, The IOLMaster 700 – New technology provides increased speed, ULIB compatibility, and fewer refractive surprises.; Cataract & Refractive Surgery, Nov/Dec 2015
  • 8 Oliver Findl; CASE STUDY: IOLMaster 700 Indicating Abnormal Macular Morphology, CRS Today March 2016
  • 9 Hirnschall N, Leisser C, Radda S, Maedel S, Findl O. Macular disease detection with a swept source optical coherence tomography based biometry device in patients scheduled for cataract surgery. JCRS accepted 2016.
  • 10 Depending on experience of operator and eye conditions.
  • 11 Kane, J.X., et al., Intraocular lens power formula accuracy: Comparison of 7 formulas. J Cataract Refract Surg, 2016. 42(10): p. 1490-1500
  • 12 Abulafia, A., et al., Prediction of refractive outcomes with toric intraocular lens implantation. J Cataract Refract Surg, 2015. 41(5): p. 936-44.
  • 13 Abulafia, A., et al., Accuracy of the Barrett True-K formula for intraocular lens power prediction after laser in situ keratomileusis or photorefractive keratectomy for myopia. J Cataract Refract Surg, 2016. 42(3): p. 363-9.
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細