VAST XXT

違いはスキャニングに現れます

VAST XXTはRDS回転式プローブホルダとの組み合わせによる高精度スキャニングを実現します。

製品概要

回転式プローブホルダをスキャニング機能と組み合わせることで、多くの測定用途でのフレキシブルな運用が可能になります。このような組み合わせに理想的なセンサがVAST XXTです。

タッチトリガ式センサと比べ、VAST XXTは操作の安定性と測定の精度が向上します。また、スキャニング機能も搭載しているため、要素形状に関する情報も得られます。

 

回転式プローブホルダに取り付け可能な、この軽量スキャニングセンサはコンパクトな設計で、各種のセンサモジュールがあります。3種類のモジュールを備えたVAST XXTは、このセンサ設計のおかげで一般的なスタイラス長の範囲をカバーできます。このセンサは、最大 65 mmの横方向スタイラスに対応します。また、方向を固定した使用にも対応します。