光学式3Dセンサシステム用ソフトウェア

ZEISS colin3D

ダウンロード

お問合せ

ZEISS colin3D

特徴

  • ZEISS Optotechnik社の光学式3Dセンサシステムに完全に適合Fast triangular network generation
  • 高速三角メッシュ生成機能
  • プロトコル機能付の表面比較
  • 直感的メッシュ処理
  • 校正のドキュメント化
  • システム精度監視のための点検機能
  • インテリジェントな品質基準による、高品質な自動測定データ
高品質のデータ削減による高速三角メッシュ計算

高品質のデータ削減による高速三角メッシュ計算

革新的な機能性

ZEISS colin3Dソフトウェア・プラットフォームは、COMET, COMETフォトグラメトリ、T-SCANセンサシステムに合わせて理想的に設計されています。プログラムは個々のイメージのマージ(マッチング)に対して、理想的なストラテジーを確認し、完全に新しくデザインされた、プロジェクト指向のユーザーインタフェースによってユーザーを理想的な結果に導きます。CAD統合によって、まだデータ取得の必要なパーツの表面領域について、常に情報がフィードバックされます。

最高のパフォーマンス

64ビットオペレーションシステムでの長年にわたるプログラミング経験と、グラフィックスカードやマルチプロセッサシステムなどの適切なハードウェアをベースとして、colin3Dの新しいアルゴリズムは、最高の性能とデータ品質を実現します

理想的なユーザーサポート

ZEISS T-SCANシステムを迅速かつ効率的に位置決めするために、colin3D内で選択的に測定範囲とスキャナを表示することができます。これにより理想的なトラッカーポジションの決定が容易になります。COMETrotaryやCOMETdual rotaryなどのロータリテーブルを使ったアプリケーションのための測定プログラムは簡単に生成でき、実行することができます。測定シーケンス内の各測定は、すべて品質チェックされ、必要があれば自動的に繰り返されます。

シンプルなカラー比較

シンプルなカラー比較

データ解析機能

品質保証の目的のため、スキャンデータを簡単なベストフィットによってCADモデルの表面と比較することができます。ZEISS colin3Dには、グラデーションと固定値による簡単な疑似カラー表示機能があります。偏差の詳細を解析するためには、必要に応じて表面上にフライヤを置くことができます。測定結果のドキュメント化のためのプロトコルは素早く生成され、管理も簡単です。