エネルギー産業向けZEISS測定ソリューション

正確な品質検査による効率の向上

電気およびエネルギー産業において、ZEISSの測定技術は発電所の大型ガスタービンの検査や、太陽光、風力、水力などの再生可能エネルギー効率の向上のために使用されています。正確な測定データは、油圧ポンプ、ターボチャージャー、タービンブレードなどの部品の品質検査に使用されます。測定データを評価することにより、製造誤差の可能性に関する結論を引き出すことが可能となります。このアプローチはエネルギー部門における広範囲な生産工程の最適化を可能にします。さらに、潜在的な部品の誤差が特定され、より迅速に排除されるため、測定検査とメンテナンス作業のスピードアップが図れます。

ZEISSの測定技術をご使用のお客様

イコラ工場の変化の風

風力タービン用歯車メーカーはZEISS測定技術を活用しています

大きなビジョンを持った小さな会社

Three-M Tools社はZEISSの測定技術をを導入することで新しい顧客を獲得しました