E-Drive搭載の自走式ハニカムプレート ZEISS CARFIT eMOBEE

モータードライブ可動式 ハニカムプレート

リモート制御の自走式ハニカムグリッドプレートCARFIT eMOBEEは、コンポーネントをA地点からB地点に効率的に搬送し、測定室での測定機への積載作業を持続的に簡素化します。

特長

ZEISS CARFIT eMOBEE

ZEISS CARFIT eMOBEE

  • 測定室での工程の自動化をサポート
  • 測定機の効率的な使用を可能に
  • セットアップにかかる時間を短縮し、より優れた工程監視を可能に
  • 軽量で安定性の高いハニカム構造により、軽量ながら非常に安定
  • 四輪駆動により、占有スペースが小さく、横方向の動きと360°の回転が可能に
CARFIT_eMOBEE_Wabenrasterplatte_mit_CARFITlite

ZEISS CARFIT eMobee

特性

測定プロセスの自動化

必要に応じて、搬送システムを測定機まで全自動で移動させることができます。個別のコード化されたチップは、穴付きグリッドプレートをAからBに誘導します。ZEISSは、お客様の工場にて電子マーキングを貼り付け、それに応じてそれらをコード化します。ZEISS CARFIT eMOBEEに内蔵されたカメラがチップの情報を読み取ります。

E-Drive

ZEISS CARFIT eMOBEEには電気モーターが付いており、内蔵バッテリーで駆動します。バッテリーの寿命は負荷、移動経路、頻度によって異なりますが、通常の動作条件下では、1回の充電で数日間使用できます。自動運転と手動運転のいずれかを選択できます。

軽量ハニカム設計

アルミ製の一体型ハニカム構造により、非常に軽量であるにもかかわらず最高の安定性を得られるプレートです。この構造により、他の輸送手段よりも3割程度重い負荷を処理できます。高精度穴付きグリッドにより、測定対象のすべてのワークの治具を設置することができます。また、重たい部品や複数の部品をシステム上に固定することも可能です。

スピーディーな移動

独自の四輪駆動により、輸送システムのすべての車輪を独立して動かすことができます。駆動する方向に制限がないため、プレートをいつでも好きな方向に操縦できます。これにより、どのような路面でも確実に移動できるだけでなく、省スペースの移動が可能になるため、小さな測定室にも適しています。

高いスループット

ZEISS CARFIT eMOBEEで、個々のコンポーネントを生産ラインから測定室、さらには目的の測定機にスケジュールに従って自動で移動させることができます。マルチグリッドプレートを併用することで、測定機のダウンタイムが劇的に短縮されます。