測定プロセスに適した、素早く確実な作業が可能でコスト効率の良い、価格を抑えた治具

ZEISS CARFIT lite

小型~中型の部品向けのシンプルな治具システム

シンプルで分かりやすいZEISS CARFIT liteシステムは、標準のCARFITシリーズの特長をすべて備えつつ、固定作業が簡単なため、いつでもどこでも治具を設置できます。

ZEISS CARFIT lite

特長

ZEISS CARFIT liteは、光学式測定に最適なシンプルかつ効率的な治具システムを求める多くのお客様の声に応えた製品です。ZEISS CARFIT liteの構造はシンプルで標準化されたモジュラー式システムです。そのため、光学式測定を行う時に小型~中型の部品向けにカスタマイズした治具を素早く組み立てることができます。大手自動車メーカーにすでに試用されているこの製品が開発されたことで、CARFITシリーズにコストを大幅に削減できる治具システムが加わり、さらに充実したラインナップとなっています。

  • テクノロジーの結合
  • 100%の標準化 > 95%が再使用可能
  • 組み立て時間が短縮 > より低いコストで納期を短縮

最適化された接続要素でコストを削減

ZEISS CARFIT liteで、治具システムの組み立てにかかっていた時間が半分に短縮されます。時間が短縮されることにより、コストの削減と納期の短縮の両方が実現できます。特別な接続ソリューションで効率が高まります。さらに、ひとつずつの部品の固定に必要なネジを大幅に削減できます。そのため、オペレータの作業が容易になり、治具の組み立てを素早くできます。

標準化が可能にする再利用

モジュラー式および標準化されたシステム構造のため、組み立て済みの要素を簡単に再利用できます。この再利用は環境に優しいだけでなく、コストの削減にもつながります。また、ZEISS CARFIT liteはZEISSの他のシステムにも対応しており、新しいコンポーネントと古いコンポーネントを組み合わせて使用することが可能です。

部品が少ないため低コスト

光学式測定の実施時に複雑な測定治具の必要はありません。その代わり、シンプルな設置でコンポーネントを保持しておくことができます。ZEISS CARFIT liteでは、この治具システムをわずか数個のコンポーネントから構成することが可能です。このシステム用の外部調整装置も用意されているため、治具の設置時に生じる誤差を吸収するためにそれぞれのクランプポイントに3D要素を追加する必要はもうありません。これにより、追加部品を使わずに、プラス/マイナス0.05 mmという求められる精度を達成できます。