ダイナミックな位置決め

ZEISS VAST XTR gold

回転軸内蔵のZEISS VAST XTR gold

回転軸を内蔵

回転軸が内蔵された新しいVAST XTR goldプローブは、スタイラスを要素の方向に合わせて位置決めができます。測定の準備を省力化できます。

ZEISS VAST XTR gold

特長
ZEISS VAST XTR goldは回転軸受ジョイント搭載で、様々な角度にすることができます。

VASTナビゲータテクノロジー

VAST XTR goldはVAST XT goldを元に設計されています。VAST XTRではナビゲータやパフォーマンス機能を完全サポートしています。VAST navigatorは、必要な精度を得られる最適な測定速度を知らせてくれる高度なシステムです。

VASTパフォーマンス機能により、速度や精度を犠牲にすることなく、断続的な輪郭をスタイラスでをスキャンすることが可能になります。

スイベルジョイントを内蔵

大きな特徴は、スイベルジョイント(回転軸受ジョイント)が搭載されていることです。スタイラスマウントを15°ピッチで素早く回転させることができるため、姿勢を常に部品に対し適切な角度で位置決めすることができます。スイベルジョイント搭載のVAST XTRは、従来の「固定型」スタイラスと同等の信頼性と精度を実現しており、必要な精度を確実に得ることができます。

プローブは、様々なワークで力を発揮します。たとえば、ヘリコプターや機関車のギヤケースなどの多くの要素や角度を持つ部品などが挙げられます。また、VAST XTR goldは、空調用ギアやタービンなどの回転対称ワークにも適しています。プローブに自在軸受けジョイントが付いているため、これまでは複雑なスタイラス・コンフィグレーションを用いることでしかできなかった歯車の測定も可能です。

ZEISS VAST XTR goldは回転軸受ジョイント搭載で、様々な角度にすることができます。

大きく重い部品の測定

使用中のZEISS XTR gold

また、この新しいセンサは、造船、風力発電、重機産業などの大型で重量のある部品の測定で特に効果を発揮します。

5トンを超えるワークでは、必要な精度とワーク重量に適したロータリーテーブルを探すことは困難です。

回転軸内蔵のZEISS VAST XTR gold