インラインでの3D点群の収集

ZEISS AIMax cloud

ZEISS DotScanの色白色光センサーは、ワークの形状を非接触で捉えることを可能にします。

インライン測定用光学式3Dセンサ

ZEISS AIMax cloud 光学式3Dセンサは、シートメタルとカーボディ向けのロボットベースの3Dインライン測定における最新の製品です。このセンサは生産ラインで直接3D点群を生成し、わずかな時間で複雑な要素を高精度に測定します。

サイクルタイム内で全数測定を高速で実行するための光学式3Dセンサ

リベット、シートメタル裏側のナット、特徴的な加工ライン等の解析はこれまでは非常に困難でした。しかし、ZEISS AIMax cloudを使えば、これらを簡単かつスピーディーに行うことができます。測定のためのセットアップは、高速かつ直感的であり、その結果は、測定直後に可視化されます

特徴の例。(1)ベンディングエッジ、(2)リベット、(3)サーフェイスポイント、(4)Tボルト

たった1度の撮像で、複雑な要素を収集し、評価します

可能なアプリケーションとしては、自動車産業における、組立と溶接工程の検査、ボディシェルの製造工程と最終組立工程での隙間・段差測定が含まれます。高密度の点群を収集することにより、ZEISS AIMax cloudは複数要素を測定できるため、これまで特に難しいとされてきた、エッジ、リベット、表面点、Tボルトの解析をたった1回の撮像で実現します。そのため、センサは非常にフレキシブルに使用可能です。

迅速かつ確実な測定結果

最適化された投影技術と高い3D分解能が、シートメタルや塗装後の微細な要素でも、高速で正確な測定を可能にします。点群での要素の抽出は、従来の画像処理よりも安定性が高く、より早いセットアップと簡易な操作を実現します。

3次元点群と測定結果
2次元画像で測定する特徴量を選択した後、3次元点群を生成し、測定結果を即座に可視化します。