卓越した適用性と機能性

ZEISS CARMET

ZEISS CARMET は卓越した適用性と機能性を有し、ZEISSクオリティを余すことなく発揮します。

広範囲な測定タスクに対応するスタンダード

ZEISS CARMET は卓越した適用性と機能性を有し、ZEISSクオリティを余すことなく発揮します。

ZEISS CARMET

特長

フラッシュフロア対応

フラッシュフロア(アンダーフロア)モデルでは全方向からのアクセスが容易です。オンフロアモデルでは既存の基礎で使用可能です。

安全性

ZEISS CARMETのホリゾンタルアームには、破損や損傷から人および障害物を保護する小型の衝突保護機能が両側に備えられています。ZEISSの三次元測定機で実績のあるフリクションドライブも、障害物がある場合の安全性に貢献しています。

ボールチェーン駆動のリニアガイドウェイ

ボールチェーン駆動のリニアガイドウェイをZEISSはすべてのリニアガイドウェイに採用しています。ボールチェーンは高剛性でスムーズな動作 と低メンテナンスコストを実現します。

統合された操作系

ZEISS CARMET は測定機に組み込まれた駆動制御ユニットによりコントロールされます。このため、介在するインタフェースの数を減らすことができ、設置作業のスピードアップと設置面積の削減が図られています。コントロールユニットのハウジングは操作盤の取り付け部も兼ねています。

ZEISS CARMETはコントロールが内蔵されており、インタフェースやスペースに関するたくさんの要件がなくなり、素早い設置が可能

温度安定性

ZEISSは機構に関わる全てのコンポーネントにスチールを採用しているので、熱膨張を制御することができます。また、Z軸コラムはF.I.technologyによって断熱されています。そのため、CARMETでは16~24℃の広い温度範囲で仕様に謳われている測定誤差範囲内の精度を実現できます。

その上、測定機を冷却する必要はありません。また、軽量の断熱カバーはすばやく取り外す事ができ、メンテナンスが容易です。

精度とダイナミクス

ZEISS CARMETのZ軸コラムは台形構造になっています。幅の広いベースは 最高の精度のために優れた安定性と剛性を提供します。上部が細くなっている台形構造のために軽量化されており、動的に有利な設計となっています。

このようにZEISS CARMETは 精度とダイナミクスを優れたデザインで融合しています。

ZEISS CARMET は卓越した適用性と機能性を有し、ZEISSクオリティを余すことなく発揮します。

ZEISS CARMETのテクニカルデータ

測定範囲 X/Y/Z

最大許容長さ測定誤差 (E0において)

40/16/25

35 + L/50 ≤ 80

50/16/25

35 + L/50 ≤ 80

60/16/25

35 + L/50 ≤ 80

70/16/25

35 + L/50 ≤ 80

オプションとアクセサリ

  • オンフロアマシン
  • ワイヤレス操作盤
  • (測定ポイントでの操作を可能にする)TFTモニタ、キーボード、トラックボール、操作盤ホルダを装備したスイベル式操作ユニット
  • ZEISS FalconEye 光学センサシステム