Transform production data into operational success.

ZEISS GUARDUS

ZEISS GUARDUSは連続測定、バリューチェーン全体の全製品およびプロセスデータの表示およびモニタリングを行うための統一プラットフォームです。

特長

ZEISS GUARDUSのManufacturing Execution Systemを中心アプリケーションとして使用すると、あらゆる品質・生産管理要件(CAQ、BDE、MDE、TRA、KPI)を示すことができます。これには、品質や生産に関する要件だけでなく、ZEISS
GUARDUSの一部である製品開発や、顧客およびサプライヤー関係も含まれます。そしてこれらはZEISS GUARDUSの重要な一部です。

ZEISS GUARDUS

One for all and all for one.

ZEISS GUARDUSは、グローバルに展開している企業の中央ITベースとなります。目的は、情報のフローとバリューチェーンを揃え、生産プロセスを自動化することです。このソリューションは、プロセス指向の測定、表示、モニタリングのための統合テクノロジーを基盤にしています。品質や運用データ、機械のデータと製品のトレーサビリティだけでなくメンテナンスや生産準備、品質指標といったあらゆる生産・プロセスデータが1つのシステムに統合されます。

すべてのパラメータとテスト結果はその場で最高のデータ品質で確認できます。この包括的なデータストックを効率的に使用するため、ZEISS GUARDUSは自動ワークフローやエスカレーションメカニズムを通じてすべてのパートナーとのコミュニケーションを統合します。

当社のお客様と業界

当社のお客様はさまざまな製造業界にわたっており、その業界の市場リーダーであることも少なくありません。
業界固有のプロセスを完璧にサポートできるよう、ZEISS GUARDUSは国内市場におけるお客様向けにカスタムソリューションを提供しています。特に自動車、エレクトロニクス、プラスチック、航空宇宙、医療技術の分野に焦点を当てています。

サービスのA to Z

サービスの範囲は、適切な製品を検索し、包括的な実際の状態分析を作成した瞬間から始まります。ソリューションを提示するときには、プロジェクト管理構造により、データ転送から、機能やユーザインタフェースに対する個々のソフトウェア調整まで、効率的な実装が可能になります。

プロセス指向と機能的な多様性

ZEISS GUARDUSの哲学は、バリューチェーンにおけるすべての品質および製品関連のプロセスを横断的に表示することです。すべてのモジュールは包括的で重要な基本機能を備えており、互いが集まって閉じた制御ループ(Plan-Do-Check-Act)を形成します。それぞれの構成要素は独立しています。他のZEISS GUARDUS要素に対して冗長性を持ちません。

その結果、企業は、必要なモジュールのみを使用してプロジェクトを開始することができます。これにより、新しい機能領域を徐々に活用することができます。

技術的な哲学

GUARDUSテクノロジーによって、すべてのユーザーが個々に調整を行うことが可能になります。購買、生産、品質管理、サービスのいずれの作業でも、ZEISS GUARDUSテクノロジーは、適切な機能を適切な形式で、適切なタイミングで提供します。

その結果、ZEISS GUARDUSの完全なリリース機能と最高のソフトウェア品質を活用できます。

個々の指標に対するコントロールセンター

ZEISS GUARDUS測定カタログには、品質および生産管理に関連するすべての重要業績評価指標(KPI)が含まれています。ZEISS GUARDUSの一貫性のあるデータプラットフォームを基盤として、コックピットモジュールですべての製品およびプロセス指標が信号機システム、ダイアグラム、表やドリルダウン機能など、独自の方法で表示されます。

スマートプロダクションまでの道のりにおける近代的なMESソリューション

未来の工業界では、インテリジェントなワークは、外部からの支援なしに、生産を通じて最適なルートを見つける必要があります。
これらの自律的なテクノスフィアが出現するためには、人、製品、機械、およびツールが、生産プロセスに沿った緊密なコミュニケーションネットワークで行動する必要があります。 ZEISS GUARDUSソフトウェアシステムは、すべての品質と生産に関連する製品とプロセスデータを記録、視覚化、監視するために、ここで中心的な役割を果たします。