歯車製造における測定精度の向上

オーストリアのALBERT GmbH社のスクリュージャッキは、例えば、海底140メートルの石油プラットフォームの一部として、過酷なコンディションで稼動し続けなければなりません。スクリュージャッキの高い信頼性を保証するために、同社は、究極の精度での製造を目指しています。そのため、座標測定機は同社の品質検査をサポートしています。

ALBERT社はZEISS ACCURAで高性能歯車を測定しています。

Martin Kirchmaier とテクニカルエンジニアの Reinhold Malliは彼らのプロジェクトの進捗状況に満足しています。

Martin Kirchmaier とテクニカルエンジニアの Reinhold Malliは彼らのプロジェクトの進捗状況に満足しています。

課題: 正確な測定結果

高性能歯車は印刷機のドラムを動かし、砂漠に立つアンテナを回転させます。この歯車スペシャリストのスクリュージャッキはこれらの高性能歯車とは全く異なる製品ですが、両者には共通するものがあります。つまり、精度と信頼性に関する高い基準を満たしている必要があるということです。しかし、2013年当時、マネージングディレクターのMartin Kircmaierにとって、その基準はそれほど高いものではありませんでした。また、彼は最も安全性を重視する原子力産業からの受注を目指し、自社の歯車の精度向上を決心しました。彼は新しい工作機械への投資だけではなく、製品の精度検証を可能にする座標測定機の調査にも着手しました。

エンジニアのReinhold Malliは新しい測定機の精度と再現性に強い印象を受けています。

エンジニアのReinhold Malliは新しい測定機の精度と再現性に強い印象を受けています。

ソリューション:ZEISS ACCURA 門移動形座標測定機

当時まだ、この歯車メーカーは手動式ホリゾンタルアーム形座標測定機とゲージやスライドゲージなどのような測定器具を組み合わせて使用していました。Kirchmaier氏は調査の結果、ZEISS ACCURA座標測定機を選択しました。この高精度な測定機を最高の状態で運用するために、Kirchmaier氏は恒温測定室にも投資を行いました。今では、入荷検査、初期ロット検査、抜き取り検査、最終検査はほぼ、この測定機で行われています。また、厳しい規格が設けられている水中用の歯車コンポーネントの100%検査にも使用されています。

高精度の門移動形座標測定機は、新規の受注を促進します。

ALBERT社は原料からあらゆる種類のスクリュージャッキを製造しています。

ALBERT社は原料からあらゆる種類のスクリュージャッキを製造しています。

メリット: 測定精度の向上による注文の獲得

手動式測定機を使用していたこれまでの方法と比較して、ALBERT社は大幅な測定時間の短縮を実現しました。なにより、測定の高精度化は設計スタッフと製造スタッフにより高い確実性をもたらしています。彼らは今や自身の仕事の精度を評価し、必要な調整を行えるようになりました。マネージングディレクターのKirchmaier氏は満足しています:「私たちは品質に関する新たな理解の扉を開き、原子力関連の非常に複雑なドキュメントでさえ提供できるようになりました。」Kirchmaier氏の先見の明は実証されたのです:新しい測定機の助けを借りて、彼はイギリスの原子力発電所のゲートドライブの受注を獲得しました。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細