whr Hossinger Kunststofftechnik社は、マルチセンサ測定機 ZEISS O-INSPECTに全幅の信頼をおいています。

測定精度

whr Hossinger Kunststofftechnik社が製造する、新生児への安定した空気供給に使用されるCPAPジェネレータは、可能な限り高い気密性を実現しつつ、コンポーネントも非常に精密でなければなりません。バイエルン北部にあるこの家族経営会社は、マルチセンサ測定機 ZEISS O-INSPECTの最新モデルを導入後、社内測定の精度を向上させ、測定時間も短縮しました。

課題: 気密システム全体の高精度なコンポーネント

CPAPジェネレータの原理: 酸素濃度の高い空気をわずかに加圧し、チューブを介して赤ちゃんに供給します。whr Hossinger社はCPAPジェネレータの各コンポーネントを接着剤を使わずにコネクタシステムを使って組み合わせています。すべてのコンポーネントが精密に製造されていなければ、ジェネレータは気密性を保つことができません。課題: わずか10分の3ミリメートルの壁厚、100分の数ミリメートルの許容差、複雑な自由形状コンポーネント、さまざまな製品色は、この中堅企業にとって、既存の光学式測定機による品質検査を困難かつ時間のかかる、コスト高なものにしていました。

ソリューション: 1台に3つの測定原理を集約

外部への委託測定数を減らしつつ、高レベルな品質を保証するために、同社は2014年にマルチセンサ測定機 ZEISS O-INSPECTを導入しました。この測定機は1台に3種類の測定原理を兼ね備えています。しかしながら、この測定機の測定範囲はwhr Hossinger社で製造される大型のワークにとってはまだ小さすぎました。そのため、同社はZEISSのパイロットカスタマとして、次世代のマルチセンサ測定機の市場投入に貢献するチャンスを見逃しませんでした。この測定機の特徴の1つは、500 x 400 x 300 mmの大きな測定範囲です。

メリット: 精度の2倍向上、測定時間の短縮

マルチセンサ測定機の導入は、whr Hossinger社にとってたいへん有効でした:「接触式センサ、光学式センサ、ホワイトライトセンサの3種類のセンサの相互作用により高い効率が得られるので、ZEISS O-INSPECTは他社製品の追随を許しません。」と、品質管理責任者の Christian Bindl氏は言います。ZEISS O-INSPECTによって、外部委託測定の件数を減らすだけではなく、Bindl氏や彼の同僚は高いレベルの精度と再現性が求められる測定タスクを処理できるようになりました。ZEISS O-INSPECTがなければ、彼らは3種類の異なる測定機を必要とするでしょう。「弊社の以前使用していた測定機と比べて、精度が2倍向上しています。ホワイトライトセンサがなければ、測定により多くの時間がかかることでしょう。」とBindl氏は言います。Bindl氏によると、ZEISS O-INSPECTは測定技術者に「呼吸に必要な空気」を提供する、同社のCPAPジェネレータのような存在だということです。