沿革・歴史
沿革・歴史

会社沿革

Carl Zeiss 会社沿革

顕微鏡のカールツァイス

1846年にカール・ツァイスが開催したワークショップから始まった会社の歴史。革命的な研究の中心となったのが、エルンスト・アッベ、オットー・ショット、アウグスト・ケーラーです。現在も続く顕微鏡の開発・製造を左右したのは、世界大戦とその後のドイツ東西分裂です。

1947年にはイエナのカールツァイス社の大部分が解体され、その後オーバーコッヘンで再度設立。歴史のはざまで突然「鉄のカーテン」により国を2つに分割されるという悲哀を味わい、1991年までは東西ドイツに分かれての操業を余技なくされました。

その後、2006年にはカールツァイスマイクロイメージングGmbHが誕生、2011年には電子顕微鏡部門と統合し、今日のカールツァイスマイクロスコピーGmbHとなりました。

 

現在のドイツ本社は、創業当時に本社所在地であったイエナにあります。顕微鏡を含めた取扱製品も拡大し続けています。

光学顕微鏡、レーザスキャン顕微鏡用共焦点システム、電子顕微鏡ならびにイオンビーム顕微鏡、カスタマイズが可能なイメージングやレポート作成のためのソフトウェアソリューションを取り揃えています。

電子顕微鏡の製造拠点も新たに加わり、オーバーコッヘン(ドイツ)、ピーボディ(アメリカ)、ケンブリッジ(イギリス)など、世界の顕微鏡製造を牽引する拠点の一つとなっています。

歴史

1846 Carl Zeissがドイツ・イエナに精密機械と光学機器の工房を創設
1847 ダブレットおよびトリプレット光学のシンプルな顕微鏡、シンプル構造の顕微鏡を製造開始
1857 複式顕微鏡を世界で初めて発表
1866 Ernst Abbeとパートナーシップ締結
1872 Abbeが顕微鏡の結像に関する波動理論を導き出し、その後の顕微鏡開発の礎になる
1884 Zeiss、Abbe、Schottによる共同研究「オットー・ショット」発案の光学ガラスが、より効果的に顕微鏡システムの補正を可能に
1886 顕微鏡用の新型対物レンズ「アポクロマート」の初ロットを製造
1894 イギリス・ロンドンに系列会社を設立。初めての海外拠点となり、その後の世界展開へつながる
1896 グリノータイプの実体顕微鏡を世界で初めて発表
1902 あらゆるニーズに対応し、カスタマイズ可能な製品の製造を開始
1933 L字型鏡基が顕微鏡デザインの標準に
1938 顕微鏡使用の画像撮影用フラット画像フィールドを有する「プランアポクロマート」「プランアクロマート」がHans Boegeholdの方式により導き出される1945アメリカ軍が占領地区へ連行した従業員たちにより、オーバーコッヘンにCarl Zeissを設立
1950 スタンダード顕微鏡がCarl Zeissの歴史上、最も成功をおさめる主流製品のひとつになる
1955 カメラと自動露出制御一体型の新しい自動写真顕微鏡を発表
1982 振動レーザビームおよび電子画像処理使用で被写体をスキャンする顕微鏡システム、共焦点レーザースキャン顕微鏡を発表1986 新世代型顕微鏡を発表
1991 ベルリンの壁陥落。オーバーコッヘンにあるCarl Zeissは、東西ドイツ分裂前に存在した分社のVEB Carl Zeiss Jenaを吸収合併し、同時に顕微鏡部門を統合。それまでオーバーコッヘンとイエナで分かれていた事業を統合
1999 広視野デジタルイメージングシステム一体型製品を世界で初めて発表
2003 Carl ZeissのPlasDICが顕微鏡検査用にプラスチック製皿の使用を可能に
2006 Carl Zeissの顕微鏡部門が独立し、Carl Zeiss MicroImaging GmbHを設立、本社所在地をイエナに
2011 Carl Zeiss NTS GmbHならびCarl Zeiss MicroImaging GmbHの2社で、Carl Zeiss Microscopyを設立