ZEISS Microscopy

マテリアルサイエンスのための顕微鏡ソリューション

将来の研究のための、3D、マルチスケール、in situ 顕微鏡ソリューションについてご紹介します。

最先端の研究を行うZEISSパートナーおよび研究者の方々と、以下の知見に関するウェビナーシリーズを開催します。    

  • 光、X線、電子、およびイオン顕微鏡
  • マテリアルサイエンス分野における最近の動向とアプリケーション
  • イメージングと解析方法の技術的進歩
  • 機械学習(マシンラーニング)
  • In situ ラマンソリューション

Webinars Open for Registration


機械学習(マシンラーニング) - Image Processing Across Microscopy Methods

セグメンテーションは今日の顕微鏡使用者が直面する大きな課題の1つです。機械学習の技術は、画像解析とセグメンテーションの分野で大きな可能性を持っています。このウェビナーで最新のアプリケーション例をご紹介します。

Date: Thursday, May 3, 2018, 5:00 PM - 6:00 PM CEST
Speaker: Tobias Volkenandt (ZEISS Microscopy), Tim Schubert (University Aalen)

今後の予定 - Sign Up for Invitation Reminders


ラマンイメージングとSEM (RISE顕微鏡) - New Approaches in Chemical and Structural Analysis

RISE顕微鏡は、共通の真空チャンバー内で分子、形態、および化学組成に関する分析を相関させるハイブリッド顕微鏡です。非破壊・ラベルフリーで化学的特性を取得し、画像や構造データと重ね合わせて表示します。ラマンイメージングと相関顕微鏡の原理と最近のアプリケーションの概要について説明します。

Date: Tuesday, May 15, 2018
Speaker: Ute Schmidt (WITec), Fang Zhou (ZEISS Microscopy)

A Fast and Accurate Workflow for Analysing Materials in 3D

マテリアルサイエンスの研究者は、集束イオンビーム走査型電子顕微鏡(FIB-SEM)および電子線後方散乱解析法(EBSD)を用いて、3Dナノスケールで金属合金を分析します。このウェビナーでは、ハードウェアとソフトウェアの最近の発展と、どのようにユーザーエクスペリエンスが進歩し、実験に費やす時間を削減したかについて説明します。

Date: Thursday, June 7, 2018
Speaker: Jenny Goulden (NanoAnalysis), Pat Trimby (NanoAnalysis), Tobias Volkenandt (ZEISS Microscopy)

Efficient Characterization of the Microstructure of Metals Using Light Microscopy

光学顕微鏡で金属を調べる際、インテリジェントワークフローのおかげで再現性の高い結果を得ることができます。ルーチン検査や研究で画像解析および評価を自動化します。このウェビナーではAalen大学のマテリアル研究所で発見された金属サンプルに関する最近のアプリケーションをご紹介します。

Date: Tuesday, September 25, 2018
Speaker: Tim Schubert (University Aalen), Torben Wulff (ZEISS Microscopy)

Sign up to get the webinar invitation links as soon as registrations start

下記からウェビナーを選択・登録してください。

製品の説明、デモの依頼、その他ご質問はこちら!