ZEISS Microscopy

スマートマイクロスコープ

ルーチンのイメージングとドキュメンテーションをスピードアップ

ルーチン顕微鏡デジタルドキュメンテーションの新しい形であるスマートマイクロスコープ。スマートマイクロスコープによって、ルーチンのイメージング結果を素早く簡単に得ることができます。

常にサンプルに集中することができ、顕微鏡スタンドのボタンを1回押すだけで、接眼レンズを通してみた通りに、鮮明な画像を高い色再現性で取得が可能。システムがすべてのパラメーターを自動調整し、正しいスケール情報を画像に自動的に追加します。これらはすべて、PCや追加のソフトウェアを必要とせず、スタンドアローンで実行できます。

ZEISS Axioscope 5
ルーチンイメージングの効率を向上
  • ボタンを1回押すだけで、顕微鏡スタンドから直接画像やビデオをメディアに保存
  • 接眼レンズを通して見た通りに、高い色再現性で詳細に画像取得
  • オーバーレイしたマルチチャンネル蛍光画像を簡単に保存。チャンネルを選択して「スナップ」ボタンを押すだけ。システムが露出時間を自動調整し、画像を取得、チャンネルを切り替えて、画像取得を繰り返します。
  • 画像は顕微鏡とカメラのメタデータ、スケール情報とともに自動保存
  • スタンドアローン顕微鏡ソリューション、PCや追加のソフトウェアが不要
ZEISS Axioscope 5

新しいルーチンイメージングワークフロー

少ないステップでサンプルに集中

Comparison Between Old and New Routine Imaging Workflow
Click to zoom in.

ラボでは効率と品質が重要ですが、高い色再現性で詳細な画像を取得するには時間がかかることがあります。それは次のようなステップが必要になるからです。サンプルを置き、関心領域にフォーカスを合わせます。次に、コンピューターに切り替え、ホワイトバランス、露出時間、ゲインなどの設定を調整します。それから、画像を取得し、スケールバーを挿入し、顕微鏡に切り替えます。これらを繰り返します

スマートマイクロスコープによって、サンプルに集中することができます。顕微鏡のスナップボタンを押すだけです。顕微鏡がホワイトバランスや露出時間などのすべてのイメージングパラメーターを自動調整します。確立された顕微鏡ワークフローと統合し、効率を大幅に向上します。

Comparison Between Old and New Routine Imaging Workflow
Click to zoom in.
Clever Ergonomics for a Comfortable Lab Work

エルゴノミックデザイン

片手でメインコントロールにアクセス

Clever Ergonomics for a Comfortable Lab Work

スナップボタン、ステージドライブ、フォーカス調整、輝度調整を含むすべてのメインコントロールに片手でアクセスできます。エルゴ鏡筒と、高さおよびトルク調整可能なラックレスステージによって、長時間使用しても快適なポジションで作業可能です。観察の高さを調整して、最も快適なポジションを見つけることができます。2枚用試料ホルダーを用いると、IHCスライドを観察するときなど、スライド交換の手間を減らすことができます。

全体として、マニュアルのステップを最小限に抑えることで、より効率的かつ快適な作業が可能になります。

カタログダウンロード

各種資料PDFのダウンロード、お問合せ

下記のフォームに入力いただくと、カタログPDFをメールにてお送りします。
その他ご質問、デモのご依頼、見積送付などのお問合せについてもこちらのフォームからお願いします。

ワークフローの自動化についての動画はこちら

マルチチャンネル蛍光イメージング

with ZEISS Axioscope 5 & Axiocam 202 mono

 

透過光イメージング

with ZEISS Axiolab 5 & Axiocam 208 color