ZEISS Webinar Video

顕微鏡の枠を超えて試料を多角的に分析するマルチモーダルソリューション

電子顕微鏡、X線顕微鏡における動向

最先端のX線顕微鏡と最新の電子顕微鏡についてマルチモーダルな分析手法を動画でご紹介します。
(本講演動画は2021年6月に行われた、日本顕微鏡学会 第77回学術講演会の発表内容となります。)

ZEISS GeminiSEM 製品ページ

ZEISS Xradia 製品ページ

対象

  • 電子顕微鏡、X線顕微鏡をお使いの方
  • X線顕微鏡の活用方法にご興味のある方
  • In-situ測定事例をお探しの方
  • 最新の電子顕微鏡にご興味のある方
  • 材料開発に携わっている方

講演内容

近年の研究の現場では電子顕微鏡、X線顕微鏡、光学顕微鏡といった装置が、観察ツールとしての機能だけでなく、各種材料試験を実施するためのプラットフォームとしての機能も果たしてきています。ZEISSではそれらのニーズにお応えするため多様な装置と解析手法をご用意しています。
X線顕微鏡 ZEISS Xradia Versaは0.5μmの分解能で非破壊測定が可能な装置です。非破壊の特長を生かしながら、マルチスケールイメージングを活用したIn-situ測定や、回折コントラストを用いた結晶マッピング機能であるLabDCTを提供しています。
新型走査型電子顕微鏡New ZEISS GeminiSEMシリーズは最新のGEMINIカラムを搭載することで、サブナノメートルの分解能を持つ高いイメージング能力と、唯一無二のコントラストを可能にする検出能力も兼ね備えています。さらにチャンバーサイズ、ポート数もアップグレードされたため、In-situプラットフォームとしても十分な機能を発揮します。
本ウェビナーでは最先端のX線顕微鏡と最新の電子顕微鏡についてマルチモーダルな分析手法をご紹介します。

(本講演は2021年6月に行われた、日本顕微鏡学会 第77回学術講演会の発表内容となります。)

キーワード・ポイント

  • ZEISS製品群のご紹介
  • X線顕微鏡による非破壊3Dイメージング
  • ZEISS GeminiSEMによるIn-situアプリケーション

スピーカー

カールツァイス株式会社
風間 大和 (電子顕微鏡担当)
山本 千智 (X線顕微鏡担当)

視聴方法

登録フォームから視聴お申込みをお願いします。メールにて視聴サイトのご案内をいたします。(視聴期限:10月31日)

登録フォーム

ご登録のメールアドレス宛に視聴サイトをご案内します。

ZEISS最新情報

イベントや新製品など、最新の情報をおとどけします。ぜひご登録をお願いします。

お問合せ

カールツァイス株式会社 リサーチマイクロスコピーソリューション
ストラテジックマーケティング(ウェビナー担当)お問合せ