ウェビナー動画配信

バッテリー研究開発を飛躍させるマルチモーダルな分析・解析​

ZEISSの先端技術による材料の物性評価から性能・欠陥分析まで

電子顕微鏡 ZEISS GeminiSEMシリーズと、ZEISS独自のRaaD(Resolution at a Distance)技術により試料サイズと分解能を両立できるX線顕微鏡 ZEISS Xradia Versaシリーズを中心に、その組み合わせ事例も交えてご紹介します。

ZEISS Xradia 515 Versa 製品ページ
ZEISS GeminiSEM 製品ページ
ZEISS Crossbeam 製品ページ

 

タイトル

バッテリー研究開発を飛躍させるマルチモーダルな分析・解析​
ZEISSの先端技術による材料の物性評価から性能・欠陥分析まで

対象

  • バッテリーの研究開発、製造に携わっている方
  • 電子顕微鏡やX線顕微鏡の導入をお考えの方
  • 非破壊or大気非暴露分析にご興味のある方

講演内容
キーワード

二次電池の研究開発では、電極材料やその処理に関する観察や分析から、組み立てられた電池の性能やその経時変化の評価に至るまで、幅広いスケールで多様な情報を取得することが求められます。加えて、そのようなマルチモーダルな解析を、個別ではなく関連付けて行うことで初めて明らかになる現象もあり、統合的な解析手法に注目が集まっています。​

本ウェビナーでは、顕微鏡あるいは分析機器の種類といった装置の垣根を超えて、ZEISSが提供するバッテリー研究開発ソリューションをご紹介します。特に、低加速電圧、高コントラストのイメージングと分析の自由度の高さ(EDS, SIMS, RAMAN等との組み合わせ)が特長の電子顕微鏡GeminiSEMと、ZEISS独自のRaaD(Resolution at a Distance)技術により試料サイズと分解能を両立できるX線顕微鏡Xradia Versaを中心に、その組み合わせ事例も交えてご紹介します。また、昨年末から今年にかけて発表された、これらの最新機種のご紹介もいたします。

スピーカー

カールツァイス株式会社
リサーチマイクロスコピーソリューション
アプリケーションスペシャリスト
山本 千智、鄭 述述

参加方法

登録フォームへ入力をお願いします。後ほど視聴サイトをメールでお送りします。(登録期限:2021年5月31日)

参加登録フォーム

こちらのフォームから視聴登録をお願いします。ご登録のメールアドレス宛に視聴サイトをご連絡します。

ZEISS最新情報

イベントや新製品など、最新の情報をおとどけします。ぜひご登録をお願いします。

お問合せ

カールツァイス株式会社 リサーチマイクロスコピーソリューション
ストラテジックマーケティング(ウェビナー担当)お問合せ