ZEISS Webinar | 2020.03.24

バッテリーおよび燃料電池の高度なナノスケール3D & 4Dイメージング

Dr Thomas Rodgers (Head of Electronics, ZEISS Research Microscopy) と Dr Stephen Kelly (Head of Energy Materials, ZEISS Research Microscopy) が、安全で効果的な3Dおよび4Dナノスケール特性評価と、それを可能にする最新の技術およびアプリケーション開発をご紹介します。

Webinar 1

リチウムイオン電池のシリコンドープグラファイトアノードにおけるエージング効果のマルチモーダル顕微鏡分析

このウェビナーでは、ZEISSの顕微鏡ソリューションが、バッテリーアノードの劣化の影響を解明するうえでどのような利点をもたらすかについてご説明します。

Webinar 2

ZEISS Xradia 810 Ultraを用いたプロトンセラミック燃料電池アノードの高分解能3D X線ナノトモグラフィー

ZEISS製X線顕微鏡(XRM)ラインナップの中で最も優れた分解能を有する “Xradia810 Ultra”による燃料電池材料のアプリケーションデータをご紹介します。

他にもXRMを用いた固体高分子形燃料電池と、FIB-SEMを用いた固体酸化物燃料電池の電解セル解析について、最新のZEISSアプリケーションをご紹介します。

登録フォーム(受付終了しました)

たくさんのご登録ありがとうございました。
※ご登録のメールアドレス宛にウェビナーURLをお送りしました。(3/23配信済)

日時 概要

2020年3月24日
15:00 - 15:30

Webinar 1

リチウムイオン電池のシリコンドープグラファイトアノードにおけるエージング効果のマルチモーダル顕微鏡分析

このウェビナーでは、ZEISSの顕微鏡ソリューションが、バッテリーアノードの劣化の影響を解明するうえでどのような利点をもたらすかについてご説明します。

  • ZEISS Xradia 810 Ultraを用いたプロトンセラミック燃料電池アノードの高分解能3D X線ナノトモグラフィーについて

スピーカー

Thomas Rodgers
Head of Electronics, ZEISS Research Microscopy

言語

日本語

2020年3月24日
15:30 - 16:00

Webinar 2

ZEISS Xradia 810 Ultraを用いたプロトンセラミック燃料電池アノードの高分解能3D X線ナノトモグラフィー

ZEISS製X線顕微鏡(XRM)ラインナップの中で最も優れた分解能を有する “Xradia810 Ultra”による燃料電池材料のアプリケーションデータをご紹介します。

  • 高分解能X線顕微鏡による燃料電池材料解析例の紹介
  • 50nmオーダーの高分解能X線顕微鏡 Xradia810 Ultra
  • X線による非破壊ナノスケール3D構造解析
  • 3Dセグメンテーションによる実像からの新しい計測解析技術の紹介

XRMを用いた固体高分子形燃料電池と、FIB-SEMを用いた固体酸化物燃料電池の電解セル解析について、最新のZEISSアプリケーションをご紹介します。

  • 固体燃料電池内部での非破壊での「3D-経路」可視化技術の紹介
  • In-Situその場観察X線顕微鏡による固体高分子形燃料電池での劣化挙動の4D観察
  • FIB-SEM-EDSを用いたSOEC(固体酸化物燃料電池の電極)におけるEDSセグメンテーション

スピーカー

Stephen Kelly
Head of Energy Materials, ZEISS Research Microscopy

言語

日本語

※登録フォームから事前登録をお願いします。後日、ご登録のメールアドレス宛にウェビナー会場をご案内します。

お問合せ

カールツァイス株式会社 リサーチマイクロスコピーソリューション
ストラテジックマーケティング(ウェビナー担当)
Tel: 0570-00-1846 , info .microscopy .jp @zeiss .com