JetSCAN

航空機エンジンの状態監視用ポータブル走査電子顕微鏡

JetSCAN

  • はじめに

    JetSCAN: 航空機エンジン状態監視専用ポータブル走査電子顕微鏡

    強力なデータ解析ツールとリスク評価ツールを1つのすぐに利用できる装置として組み合わせたのが、JetSCAN です。JetSCAN は、ベアリングの摩耗状況を監視する抜群の診断・予測ツールです。

    JetSCAN を利用することで、ジェットエンジン、動力生成、トランスミッションという一連のアプリケーションに対して、起こりうる可能性があるベアリングの故障についてのタイムリーかつ高速で信頼でき一貫して正確な警告を得ることができます。 JetSCAN はポータブルなデザインなので、様々な環境での利用に適しており、40分以内に配置することができます。

    JetSCANについてのお問い合わせはこちら

  • 使い方

    特性評価手順

    • 破片試料がマグネティックドレインプラグまたはオイルフィルタから、特別にデザインされた複数試料ホルダに移されます。
    • システムは自動的に初期化とキャリブレーションを行った後、最初の試料に移ります。
    • 摩耗した破片の粒子とその位置が、保存されている形態特性と合わせて自動的に検出されます。
    • 内蔵の X 線解析器でそれぞれの粒子を解析し、化学組成が分類されて保存されます。
    • すべての粒子とその物理特性と組成が、その粒子の元となった特定のエンジン用にデータベースに保存されます。
    • あらゆるエンジンに対して、保存されている結果を利用して傾向分析をいつでも行うことができます。その後、検出された破片の種類や量に応じたリスク診断評価が行われます。

     

    JetSCANについてのお問い合わせはこちら

  • 結果出力

    結果出力

    JetSCAN の操作ソフトウェアは、高度に自動化され、セルフチェックとキャリブレーションが完全に内蔵されています。 ユーザは、自己参照試料ブロックを挿入して、あらかじめ定義されているレシピから適切なものを選ぶだけでシステムを操作できます。

    すべての検出された粒子は、知識データベースに基づく内部分類法に基づいて分類され、データベースに記録されます。さらに、データベース内では、独自のロールス・ロイス社の航空機エンジン部門と共同開発したリスク評価アルゴリズムによるデータ処理が行われます。

    出力するレポートのスタイルには柔軟性があり、お客様のニーズに完璧にマッチするレポートをデザインできます。 一番シンプルな出力は、特定のリスク要素に基づく一連の警告メッセージですが、 さらに複雑な傾向分析が必要となる可能性もあります。

    JetSCANについてのお問い合わせはこちら

  • ダウンロード

    製品情報(1MB)

     

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細