ELYRA超解像顕微鏡

ELYRA

3D超解像顕微鏡

ELYRA超解像顕微鏡

  • 概要

    最高の自由度を持つ3D超解像顕微鏡システム

    超解像顕微鏡システム ELYRA にはいくつかの選択肢があります。: ELYRA S.1 の構造化照明顕微鏡法(SR-SIM)では、通常の色素で試料をラべリングする自由を保ちつつ微細構造のイメージングができます。

    ELYRA P.1 は、内部発現した光変換を起こす蛍光タンパクのための光活性化局在顕微鏡法(PAL-M)の技術をもちいます。

    細胞全体の立体構造を高分解能に一度の撮影でとらえ、試料へのダメージが少ないため長時間の観察にも耐えられます。ELYRA システムは、関心のある箇所の超微細構造を明らかにし、分子のカウントして定量化し構造内のタンパク質の配置をみることができます。

    自由な選択肢:ELYRA 製品ラインは、最も強力で万能な2つの超解像技術を利用可能にしました。LSM 710 や LSM 780 にそれらを組合わせることもできます。それら全てに加えて ELYRA は ZEISS の SEM と相関観察のワークフローにおいてシームレスに機能します。

    超解像顕微鏡 ELYRA についてのお問い合わせはこちら

    このチュートリアルは、「Specimen」ウインドウにあらかじめ活性化されている蛍光タンパク試料が表示され、暗いリボン状のEosタンパク質構造が右側に表示されるところから始まります。「PAL-M Process」スライダで、イメージを収集する様々なステップを進めることができます。スライダをある場所から別の場所へ動かすと、チュートリアルの内部と下部にあるテキストボックスに、その段階で起きているアクションについての説明が表示されます。「Choose a Specimen」プルダウンメニューを使って別の試料を選ぶこともできます。

    さらに詳しい情報については、ツァイスオンラインキャンパスをご覧ください。

    チュートリアル:光活性化局在技術
    縮小
  • 主な特徴
    ELYRA – 主な特徴

    高い再現性

    • 蛍光イメージングモード(widefield:WF), SR-SIM, PALM そして レーザ
       スキャン顕微鏡(LSM)間の切替をスムーズにするモータ制御ハード
       ウェア
    • AOTF制御レーザラインと選択の幅が広いフィルタで最大4チャンネル
       のマルチカラー超解像画像の取得
    • 正確で再現性のある結果を得るために高品質対物レンズ、ハイエンド
       EM-CCDおよびsCMOSカメラディテクタを超解像技術に適用

    最高レベルの画質

    • 各波長で最高の分解能の選択を可能にする特別設計のグレーティング
    • 正確な視野を選び細胞全体を撮影、またはレーザ出力を上げてより効率的な
       光変換
    • 正確な局在の情報を使った3D画像レンダリング
    • 多様な照明法 (EPI, HILO, TIRF) と強力な
       ドリフト・色補正アルゴリズムによる最高の画質

    高い柔軟性

    • 2つの強力な超解像顕微鏡法の技術から選択:
       ELYRA S.1 の SR-SIM, ELYRA P.1 の PALM, さらにそれらを組合わせた ELYRA PS.1
    • 共焦点レーザ顕微鏡と ELYRA システムの統合:
       LSM 710 あるいは LSM 780
    • ZEN のShuttle & Find を用いて異なるイメージングモード間での相関顕微鏡観察


    超解像顕微鏡 ELYRA についてのお問い合わせは こちら

  • ELYRA P.1
    Axio Lab.A1 – 柔軟なアプリケーション

    比類なき精度で1分子を局在化

    ELYRA P.1 は光学顕微鏡の限界性能を実現します。蛍光1分子を局在化することで、XY方向に 20 nm、Z軸方向に 50nm の分解能を達成します。

    カバーガラス面近傍で起こる経過観察が可能です。原形質膜内やその近傍での1分子の測定も可能です(脂質ラフト、受容体クラスタリング、細胞基質の接着部位)。3D-PALM では光変換を起こす蛍光タンパクを利用し、Z軸方向のイメージングが可能です。

    ELYRA P.1 の PALM 技術(特許)が新しいデータクォリティを提供します。20nmの分解能での検出によって、従来の光学顕微鏡では単に「共局在」としか表現できなかった下部構造やパターンの可視化を実現します。

    単分子法である PALM は本質的に定量顕微鏡法で、全ての画像から得られる情報が分子統計学の対象となります。


    超解像顕微鏡 ELYRA P.1 についてのお問い合わせは こちら

  • ELYRA S.1
    Axio Lab.A1 – 堅牢で長期間安定

    構造化照明による高い柔軟性 <

    ELYRA S.1 は最大で従来比2倍の空間分解能を達成し、ほとんどの蛍光色素で超解像を実現しています。

    実験システムに適合する蛍光タンパクや多重染色プロトコルの作成には、これまで多くの時間と労力が費やされてきました。ELYRA S.1なら、お手持ちの標本で簡単に超解像のデータを入手できます。特別設計のグレーティングが各波長で最適な分解能を提供します。3次元データ取得のためのZ軸セクショニングや、迅速で効率性に優れた検知器が必要であれば、ELYRA S.1 理想の選択肢です。


    ELYRA S.1 についてのお問い合わせは こちら

     

  • ELYRA PS.1

    高い柔軟性を持つ 3D 超解像顕微鏡システム<

    もう妥協する必要はありません。ELYRA PS.1なら、たとえ実験の最中でも同様の高画質で試料に最適の超解像度法を選択できます。

    ELYRA PS.1 はLSM 710 や LSM 780 と組合わせることもできます。 これまで、単独のプラットフォームで利用できるイメージングシステムはあまり多くありませんでした。生物医学研究には多様な要求があるため、1つのイメージング手法では対応できなかったことも多かったはずです。観察したいのは細胞全体で起こる経過です。だからこそ、実験中でも別のイメージング手法に切り替えて、同時に全体をイメージングできる超解像イメージングが、最適なソリューションとなります。


     ELYRA PS.1についてのお問い合わせは こちら

  • ダウンロード

    ELYRA

    Your Flexible Imaging System for 3D Superresolution Microscopy

    ページ: 17
    ファイルサイズ: 4.869 kB

    ELYRA – a Quick Guide

    Sample Preparation for Superresolution Microscopy

    ページ: 11
    ファイルサイズ: 966 kB

    ZEISS Elyra PS.1

    Imaging Biological Samples – a Reference List

    ページ: 7
    ファイルサイズ: 692 kB

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細