Celldiscoverer 7

生細胞イメージングの自動化プラットフォーム

ZEISS Celldiscoverer 7は従来の研究用倒立顕微鏡の画質および柔軟性はそのままに、自動化ボックスタイプ顕微鏡の使いやすさを実現します。
セルフキャリブレーション機能によって光学系がその調整を行っている間に、試料を検出してフォーカスを合わせます。2Dまたは3Dの培養細胞、あるいは組織切片や小モデル生物であっても、この信頼性の高い研究用自動化プラットフォームを使えば、これまでよりも短い時間でより良いデータを取得することが可能。さらに、Airyscan 2搭載のLSM 900を追加すれば、最高速のフレームレートと超解像で、生体試料にダメージを与えることなく、そのダイナミックなプロセスをイメージングできます。

Highlights

フレキシブルなオート顕微鏡

  • Celldiscoverer 7 は完全に統合されたハイエンドの自動生細胞イメージングシステムです。数々の培養および検出オプションがあり、システムをアプリケーションに対しカスタマイズできます。
  • 難しい生細胞の実験や高速のタイムラプス撮影には、高速で高感度の sCMOS や EMCCD カメラがあります。 ハイスループットのスクリーニングアプリケーションには、ダイナミックレンジと視野が広いカメラが選択できます。
  • LSM 900 with Airyscan 2 を加えると、3次元の試料から良好なデータを得られます。
Celldiscoverer 7 detail
Celldiscoverer 7 detail

高品質なデータを取得

  • 難しい長時間のタイムラプスイメージングでは、試料キャリアの厚みと光学特性を検出し、ハードウェアがフォーカスを自動検出し保持します。
  • 自動補正環対物レンズが球面収差を補正し高いコントラストと分解能を提供します。
  • 自動化された顕微鏡である Celldiscoverer 7 は一体化した様々な培養オプションがあり生細胞のための正しい環境に対応します。
Celldiscoverer 7 – autoimmersion zoom-in
Celldiscoverer 7 – autoimmersion zoom-in

再現性のある結果が簡単に

  • 日々の自動キャリブレーションが再現性ある結果を可能にします。
  • バーコードの読み取りで特定の試料、試料キャリア、実験の種類の情報を取得します。
  • バーコードが無くても自動プレビュースキャンが試料キャリアを同定しキャリブレーションします。
Lateral line primordium migration and deposition of immature neuromasts in a Zebrafish embryo (Danio rerio).
Lateral line primordium migration and deposition of immature neuromasts in a Zebrafish embryo (Danio rerio). © Courtesy of J. Hartmann and D. Gilmour, EMBL, Heidelberg, Germany

LSM 900 with Airyscan 2

LSM 900 Beampath
LSM 900 Beampath

生命は3Dです。そしてその研究には最高のコントラストと分解能でイメージングする、光学セクショニングが必要になります。そのために、Airyscan 2 搭載の LSM 900をCelldiscoverer 7 に追加することができます。

完全統合型顕微鏡プラットフォームの使いやすさと自動化機能、および Airyscan 2 搭載のLSM 9 ファミリーの優れた共焦点画質と柔軟性の両方を利用することが可能。分解能を最大1.5 倍向上し、超解像3Dイメージングを行うことができます。さらにスペクトルイメージングによって、複数の蛍光を容易に分離。FRAP、FRET、あるいはそれに関連する技術向けのフォトマニピュレーションでダイナミックなプロセスを分析できます。

また、かつてないほど、ワイドフィールド画像と共焦点画像を正確に結び付けることが容易。高速ミックスモードによって、ワークフローを簡略化してスピードアップを実現します。

自動補正環対物レンズ

Celldiscoverer 7 では、ペトリディッシュ、チャンバスライド、マルチウェルプレート、プラスチックボトムディッシュ、ガラスボトムディッシュ、底の薄いタイプや厚いタイプのディッシュ、low skirt プレート、high skirt plate が利用できます。 自動試料認識機能が試料をロードしつつ関連する容器を全て検出します。 自動補正環対物レンズは球面収差を補正する為に対物レンズの補正環を調整します。 Find Focus が試料を自動的にフォーカスプレーンに配置し、Definite Focus がその状態を保ちます。 低い光毒性で試料の深部からクリアな画像を得ることができます。

左:光学系が未調整で球面収差を示す。補正によりコントラストと分解能が向上し明るくなるため、光毒性は低くなります。 © Courtesy of Invitrogen, Thermo Fisher Scientific Inc. Left image shows spherical aberration due to unadjusted optics.
右:自動補正環対物レンズを使用して撮影した画像。

自動イマージョン

Celldiscoverer 7 objectives

ライフサイエンスでは細胞生物学でもスクリーニングアプリケーションでも、試料は水と、あるいは後にマウントされる水溶液で構成されます。 Celldiscoverer 7 は高性能の 50x 水浸対物レンズに高速な自動イマージョンと除去の機能を結合します。 弾力のあるシリコン薄膜は、試料チャンバを密閉し、万一の液だれからシステムを守り、不必要な気流を防ぎます。

さらに、Celldiscoverer 7 は自動的に液浸をモニターしており、必要な際は液浸水を加えます。 この自動顕微鏡で数日間にわたる 37 °C でのバイアスの無い生細胞の実験も、マルチウェルプレート上を広範囲にスキャンすることもできます。

Find Focus – Keep Focus

Screenshot ZEN Celldiscoverer 7, Find Focus - Keep Focus

ハードウェアベースの Find Focus を使用すると自動的に試料のフォーカスを合わせ、関心領域を見つけます。 Definite Focus を選択すると実験を通してフォーカスをキープします。 あるいは両方を組合わせることもできます:

自動化された Celldiscoverer 7 は長時間のタイムラプス撮影における多点のフォーカスマップを自動的に作成することが可能です。

生細胞イメージングにLEDテクノロジーを活用

Celldiscoverer 7 illumination, schematic drawing

低い光毒性、高速の切替、および長期安定性などのメリットを備えたLEDテクノロジーが効率的な照明を実現。これにより試料に優しいイメージング、スループットの向上、再現性のある結果に。 蛍光励起ユニットはLEDを7色まで組み合わせることができ、青から赤外の間の色素の選択は非常にフレキシブルです。

Applications

再現性のある結果が簡単に

イメージングを開始するとすぐに自動キャリブレーションが毎回実行され、再現性のある結果を約束します。タッチスクリーンで現在のステータスと実験の進捗を確認できます。

バーコードによって試料、試料キャリア、そして実験タイプまでも識別することが可能。バーコードを使用しない場合は、自動プレビュースキャンによって試料キャリアを識別し、キャリブレーションを行います。ZEISS Predictive Serviceは、システムの稼働可能時間の長期化と信頼性の高い結果のために、持続的で最適な機器性能を提供します。

© Courtesy of J. Hartmann and D. Gilmour, EMBL, ­Heidelberg, Germany

Fixed starlet sea anemone (Nematostella vectensis)

Hoechst (核)と Phalloidin (アクチン)で染色され固定されたスターレットイソギンチャク (Nematostella vectensis) 。カメラベースの位相勾配コントラスト(左)とAiryscan 2の高感度モード(中央)を組み合わせてイメージングした側面。 19 z-スライスの最大輝度投影(MIP)。

Fixed starlet sea anemone (Nematostella vectensis) stained with Hoechst (nuclei) and Phalloidin (actin).

右上の挿入画像は触手部分の拡大図。高いSN比で細部が確認可能。 ©A. Stokkermans, Ikmi Group, EMBL, Heidelberg, Germany

動画: 幼生を上から見たもの。口と4本の触手の芽があるのが分かります。Airyscan 2マルチプレックスモードでイメージングした69 z-スライスの最大輝度投影(MIP)。25x NA 1.2の水浸対物レンズで取得。

Lateral line primordium migration and deposition of immature neuromasts in a Zebrafish embryo (Danio rerio).

© Courtesy of J. Hartmann and D. Gilmour, EMBL, Heidelberg, Germany

ゼブラフィッシュ胚(Danio rerio)の側線原基移動と未熟感丘の沈着。胚を麻酔して、ガラスボトムのペトリディッシュに低濃度アガロースで包埋。
最初に、カメラによるイメージングにより、位相勾配コントラストと蛍光の画像取得を組み合わせた迅速で簡単なサンプルナビゲーション(上)が可能になります。
その後、ワイドフィールド画像で同定した個々のポジション(白枠)で、Airyscan 2のマルチプレックスモードを用いた高分解能イメージングを行います。

未熟感丘の最大輝度投影 (127 z-スライス)

動物内を移動する側線原基の先端の最大輝度投影 (155 z-スライス)

緑色: LYN-eGFP (膜); 赤色: tagRFP-T-UTRCH (アクチン)
Airyscan 2 のマルチプレックスモードの低ダメージで高速な画像取得は、この種のアプリケーションに非常に役立ちます。イメージングによってサンプルにダメージを与えることなく、非常に高いSN比および高解像の画像を同時に取得することができます。

その後、ワイドフィールド画像で同定した個々のポジション(白枠)で、Airyscan 2のマルチプレックスモードを用いた高分解能イメージングを行います。

2つのイメージングモードをシームレスに重ね合わせています。ひとつは高感度GaAsP検出器を用いた共焦点モードの蛍光画像。もうひとつはカメラを用いた位相勾配コントラスト画像です。

2.5時間のタイムラプス。開口数0.95、40倍の対物レンズを使用。

© Courtesy of A. Hocke, Charité, Berlin, Germany

ヒト乳がん細胞株のオルガノイド。GFP-labeled H2B (核)とmCherry (細胞質、ここでは見やすいように灰色で表示)を発現。

マルチウェルプレートのマトリゲル中で培養。最初にオルガノイドを同定するために、2.5xの低倍率の透過光でSample Navigationを実施。

次に、50xの水浸対物レンズを用いて高分解能画像を取得。ZEISS Celldiscoverer 7とLSM 900のAiryscan 2マルチプレックスモードで61 z-スライスを取得。

マトリゲルという光学的に困難な培地で、なおかつカバーガラスから数マイクロメートル離れた距離で、オルガノイドのイメージングに成功しています。

© Courtesy of S. Gawrzak and M. Jechlinger, EMBL, Heidelberg, Germany

ショウジョウバエ胚(Drosophila melanogaster)の気管系。ZEISS Celldiscoverer 7とLSM 900のAiryscan 2マルチプレックスモードでイメージング。25x NA 1.2の水浸対物レンズでタイリング(8 tiles, 143 z-スライス)

気管プロモーター下のCD4-mIFP。深さ方向を色分け表示。

© Courtesy of D. Rios-Barrera, Leptin Group, EMBL, Heidelberg, Germany

Caenorhabditis elegans germline.

© Courtesy of S. Köhler, EMBL, Heidelberg, Germany

線虫(Caenorhabditis elegans)の生殖細胞系。 2.5倍の低倍率、ワイドフィールドモードで断頭した線虫の局在を表示(透過光と蛍光DAPI;左)。これにより、続いて行う高速・高解像度イメージングのための関心領域を簡単に同定可能。ZEISS Celldiscoverer 7とZEISS LSM 900 のAiryscan 2 でイメージング(右)。25× NA 1.2の水浸対物レンズで62スライスのZ-スタックを取得。

青色: DAPI (DNA);
緑色: Alexa 488 (cross-over sites);
オレンジ: Alexa 546 (synaptonemal complex);
赤色: Alexa 647 (chromosome axis).

異なる減数分裂細胞の個々の染色体を識別可能。

Downloads

ZEISS Celldiscoverer 7

Your Automated Platform for Live Cell Imaging

50 Pages
Filesize: 14,459 kB

ZEISS Celldiscoverer 7 (Spanish Version)

Su plataforma automatizada para la captura de imágenes de células vivas

50 Pages
Filesize: 14,570 kB

3D Imaging Systems

Your Guide to the Widest Selection of Optical Sectioning, Electron Microscopy and X-ray Microscopy Techniques.

68 Pages
Filesize: 6,057 kB

Automation in Microscopy.

WILEY Special edition of Imaging & Microscopy – Collection of 4 white papers (Wolff, Pepperkok, Donoughe, Gelman)

20 Pages
Filesize: 1,925 kB

ZEISS LSM 9 Family with Airyscan 2

11 Pages
Filesize: 3,114 kB