Your Automated Platform for Live Cell Imaging
Celldiscoverer 7
ご質問、ご要望等は以下のフォームで承ります

お問合せフォーム

Celldiscoverer 7

生細胞イメージングの自動化プラットフォーム

 

効率的な蛍光イメージング

Celldiscoverer 7 は、従来の研究用倒立顕微鏡の画質および柔軟性とボックスタイプで自動化された顕微鏡の操作性を組み合わせました。
Celldiscoverer 7 は光学系の調整、キャリブレーションもオート、試料を検出しフォーカスを合わせます。 試料が2Dあるいは3Dの培養細胞、組織切片、小型のモデル生物でも、この信頼できる自動化された生細胞イメージングプラットフォームなら、より短い時間でより良いデータが得られます。

特長

96 multi well plate on Celldiscoverer 7

フレキシブルなオート顕微鏡

  • Celldiscoverer 7 は完全に統合されたハイエンドの自動生細胞イメージングシステムです。数々の培養および検出オプションがあり、システムをアプリケーションに対しカスタマイズできます。
  • 難しい生細胞の実験や高速のタイムラプス撮影には、高速で高感度の sCMOS や EMCCD カメラがあります。 ハイスループットのスクリーニングアプリケーションには、ダイナミックレンジと視野が広いカメラが選択できます。
  • 高速デコンボルーションを加えると、3次元の試料から良好なデータを得られます。
     
Celldiscoverer 7 – autoimmersion zoom-in

クォリティの高いデータを得るために

  • 難しい長時間のタイムラプスイメージングでは、試料キャリアの厚みと光学特性を検出し、ハードウェアがフォーカスを自動検出し保持
  • 自動補正環対物レンズが球面収差を補正し高いコントラストと分解能を提供
  • 自動化された顕微鏡である Celldiscoverer 7 は一体化した様々な培養オプションがあり生細胞のための正しい環境に対応
Resulting Heatmap

再現性のある結果が簡単に

  • 日々の自動キャリブレーションが再現性ある結果を保証
  • バーコードの読み取りで特定の試料、試料キャリア、実験の種類の情報を取得
  • バーコードが無くても自動プレビュースキャンが試料キャリアを同定しキャリブレーション

自動補正環対物レンズ

Celldiscoverer 7 では、ペトリディッシュ、チャンバスライド、マルチウェルプレート、プラスチックボトムディッシュ、ガラスボトムディッシュ、底の薄いタイプや厚いタイプのディッシュ、low skirt プレート、high skirt plate が利用できます。 自動試料認識機能が、試料をロードしつつ関連する容器を全て検出します。 自動補正環対物レンズは、球面収差を補正する為に対物レンズの補正環を調整します。 Find Focus が試料を自動的にフォーカスプレーンに配置し、Definite Focus がその状態を保ちます。 低い光毒性で試料の深部からクリアな画像を得ることができます。

画像 左: 光学系が未調整で球面収差を示す。
画像 右: 自動補正環対物レンズを使用して撮影した画像
補正によりコントラストと分解能が向上し明るくなるため、光毒性は低くなります。 FluoCell prepared slide #1 上のチューブリン。
資料ご提供: Invitrogen, Thermo Fisher Scientific Inc.
 

自動イマージョン

Celldiscoverer 7 objectives

ライフサイエンスでは、細胞生物学でもスクリーニングアプリケーションでも、試料は水と、あるいは後にマウントされる水溶液で構成されます。 Celldiscoverer 7 は高性能の 50x 水浸対物レンズに高速な自動イマージョンと除去の機能を結合します。 弾力のあるシリコン薄膜は、試料チャンバを密閉し、万一の液だれからシステムを守り、不必要な気流を防ぎます。 さらに、Celldiscoverer 7 は自動的に液浸をモニターしており、必要な際は液浸水を加えます。 この自動顕微鏡で、数日間にわたる 37 °C でのバイアスの無い生細胞の実験も、マルチウェルプレート上を広範囲にスキャンすることもできます。

Find Focus – Keep Focus

Screenshot ZEN Celldiscoverer 7, Find Focus, Lock Focus

ハードウェアベースの Find Focus を使用すると、自動的に試料のフォーカスを合わせ、関心領域を見つけます。 Definite Focus を選択すると実験を通してフォーカスをキープします。 あるいは両方を組合わせることもできます: 自動化された顕微鏡 Celldiscoverer 7 は、長時間のタイムラプス撮影における多点のフォーカスマップを自動的に作成することができます。

生細胞イメージングにLEDテクノロジーを活用

Celldiscoverer 7 illumination, schematic drawing

低い光毒性、高速の切替、および長期安定性などのメリットを備えたLEDテクノロジーを効率的な照明が実現できます。これにより試料に優しいイメージング、スループットの向上、再現性のある結果が得られます。 蛍光励起ユニットはLEDを7色まで組み合わせることができ、青から赤外の間の色素の選択は非常にフレキシブルです。

デコンボルーションで更に細かく

ワイドフィールド (左) とデコンボルーション処理 () の比較
GPU-ベースのデコンボルーション処理をしたZ-スタックプロジェクション

ラットの皮質の初代培養。 bIII-チューブリン(Cy2、緑)、Nestin(Cy3、赤)およびDCX(Cy5、紫)の抗体染色、核はDAPI(青)染色。 デコンボルーション処理をしたZ-スタックの立体再構築(シャドープロジェクション)。

資料ご提供: H. Braun, LSM Bioanalytik GmbH, Magdeburg, Germany.

デコンボルーションは、立体的な試料である生細胞のイメージングの自動実行と同時に、コントラストを良くしてSN比と分解能を向上することができます。 自動化された顕微鏡 Celldiscoverer 7 と ZEN イメージングソフトウェアのデコンボルーションアルゴリズムが、深部イメージングのための深さで変化する点像分布関数による革新的なアプローチを提供します。 Celldiscoverer 7 の自動補正環対物レンズを同時に使用すると、厚みのある試料から完璧な画像を、従来の手法より30倍速く得る事が可能です。

Downloads

ZEISS Celldiscoverer 7

Your Automated Platform for Live Cell Imaging

ページ: 42
ファイルサイズ: 13.008 kB

3D Imaging Systems

Your Guide to the Widest Selection of Optical Sectioning, Electron Microscopy and X-ray Microscopy Techniques.

ページ: 68
ファイルサイズ: 6.057 kB

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細