ZEISS Axio Scope.A1

ZEISS Axio Scope.A1

コンポーネント金属顕微鏡

ZEISS Axio Scope.A1

どのコンポーネントでも高柔軟性 どの設定でも経済的

ZEISS Axio Scope. A1 は、5種類の上部鏡基、3種類の下部鏡基、2種類のVarioコラムの中から必要に応じた組み合わせが可能です。

金属組織研究のラボでは、層の厚さの測定や、透過光、反射光、蛍光を使用する条件の厳しい調査に最適です。

ZEISS Axio Scope.A1 のモジュール式インタフェースコンセプトは、材料の顕微鏡検査または金属組織学の研究での要求が変更になった場合でも、ただコンポーネントを追加するだけです。これらのインストールの多くはご自身で可能です。

また、非接触手法を用いて単一で大型の三次元試料を検査し分析することも可能です。その際、必要に応じて全長110 mmまで拡張可能なスペーサを用いて、試料スペースを広げて利用することが可能です。Vario カラムを用いると最大 380 mmまで拡張できます。

 

特長

  • 0から110 mmまでの調整可能な拡張できる試料スペース。Varioコラムで380 mmまで拡張可能
  • 鏡基の23種類の組み合わせ。5種類の上部鏡基、3種類の下部鏡基、2種類のVarioコラムの組み合わせが可能
  • 長寿命LED光源の均一な透過光照明、また金属組織学試料に反射光として安定した明るい照明を提供
  • 長寿命LEDから従来の水銀光源まで、蛍光アプリケーションに豊富な光源から選択可能
  • オプションの透過光路中でカメラポートとして機能する、ユニークな光学インタフェース 。鏡筒から独立しいつでもアップグレード可能
  • 両側で透過光照明を強度を調整可能。左右いずれかの片手操作可能

試料の非接触検査(全長380 mmまで対応)

ZEISS Axio Scope.A1 は自由度のある試料スペースがあり、通常よりも幅広い用途に利用可能です。金属組織学における反射光による観察から、層の厚さ測定や大型試料の検査まで対応します。

30 mmと60 mmのスペーサの利用で試料を拡張することができます。また設定により全長110 mmまで連続して拡張が可能です。

高さが380 mmまでの試料であればスタンドカラム ZEISS Axio Scope Vario 380 mm が有効です。Axio Scope Vario 560 mm は反射光と蛍光にも利用可能。通常よりも高さがある試料には380 mmまで試料スペースで拡張できます。

 

Linkam加熱ステージ(温度変化に柔軟に対応)

金属、水晶、セラミック、プラスチックの性質に熱が及ぼす影響を調べるには、ZEISS AxioVision と Linkamヒーティングステージを用いて、過熱実験か冷却実験を実施します。

一連のタイムラプス中に、温度パターンを文書として記録。温度ログと各々のタイムラプス画像中のバキュームデータの結果を入手でき、加熱あるいは冷却プロセス中の試料変化が観察できます。 

ダウンロード

Microscope and Measurement Systems for Quality Assurance and Quality Control

Capture the essentials of your component. Quickly. Simply. Comprehensively.

ページ: 41
ファイルサイズ: 4.478 kB

ZEISS Microscopy Solutions for Steel and Other Metals

Multi-modal characterization and advanced analysis options for industry and research

ページ: 22
ファイルサイズ: 12.439 kB