Axiocam 512 mono

ZEISS Axiocam 512 mono

試料の広い範囲をイメージングするための1200万画素顕微鏡カメラ

Axiocam 512 mono

繊維芽細胞

繊維芽細胞

試料の広い範囲をイメージング

Axiocam 512 mono は高分解能で生細胞の広いエリアをイメージングできる顕微用カメラです。

センササイズ1"(対角16mm)の1200万画素CCDは蛍光試料のライブ画像も完璧です。 低倍で高開口数の対物レンズを用いると、広い領域の高分解画像をワンショットで撮ることができます。より広い領域の撮影に必要なタイル画像の枚数も少なくなります。 短い時間でより価値あるデータを得ることが可能です。

特長

  • 1200万画素の高分解能で広い視野をイメージング
  • CCD センササイズ 1" (対角 16 mm)
  • 優れたライブ画像と高速撮影
  • 画素サイズ 3.1 μm が微細構造を検出
  • 超高速 USB 3.0 インタフェースによるPC接続

ダウンロード

ZEISS Axiocam Family

Your Guide to Microscope Camera Technology from ZEISS

ページ: 37
ファイルサイズ: 8.254 kB

ZEISS Axiocam 512 mono

Your 12 Megapixel Microscope Camera for Imaging of Large Sample Areas

ページ: 2
ファイルサイズ: 1.375 kB