ZEISS Axiocam 705 mono

高速500万画素モノクロ顕微鏡カメラ

高速・高解像イメージング

Axiocam 705 monoは、500万画素のモノクロCMOSセンサーと3.45 μm のピクセルサイズからなる高速かつ高感度の顕微鏡カメラです。
500万画素のフルフレームで60フレーム/秒を達成し、サンプルのダイナミックなプロセスを蛍光タイムラプスイメージング。フレームのピクセル数を減らすと、数百フレーム/秒まで、さらにイメージングを高速化できます。

ハードウェアトリガーによって正確なタイミングで動作することにより、非常に高速な多次元イメージング実験が可能。グローバルシャッターカメラアーキテクチャーにより、モーションアーチファクトのない画像を取得できます。また、アクティブセンサー冷却機能を搭載し、センサー読み出しノイズを低減しているため、シグナル強度の低い蛍光イメージングに最適です。アナログピクセルビニングとシグナルゲイン増幅によって、さらに感度を向上させることができます。

露出時間は100 μs~60sで設定可能です。最大72%の高い量子効率とUVから近赤外まで幅広いスペクトル感度により、最も困難な蛍光イメージングアプリケーションにも対応。優れたコストパフォーマンスで、実験に最適な解像度とイメージングの高速性を兼ね備えています。

推奨アプリケーション
  • 高解像度の蛍光イメージング
  • 高速イメージング
  • 研究
  • デジタルカメラドキュメンテーション
  • ライブセルイメージング
  • 微弱シグナルのイメージング

Highlights

Fixed mouse retina section
固定したマウス網膜切片。青:DNA (DAPI)、緑:神経節細胞(Alexa Fluor 488)、赤:グリア細胞(Texas Red)。ZEISS Apotome.2を使用して画像取得。 提供:S. Nan and P. Heiduschka, Department of Ophthalmology, University Medical Center Münster, Germany
Fixed cultured HeLa cells
固定したHeLa細胞。青:DNA (DAPI)、緑:F-actin (phalloidin-Alexa Fluor 488)、赤:trans Golgi network (TGN-Alexa Fluor 561)
  • 500万画素冷却グローバルシャッターCMOSセンサー
  • 500万画素のフル解像度で62フレーム/秒
  • 350 nm – 1000 nmの幅広い感度スペクトル
  • 微弱シグナルイメージングのための独自のノイズ抑制テクノロジー
  • 低い読み出しノイズとアナログシグナルゲイン増幅
  • HDRモードで1:25,000のダイナミックレンジ
  • アナログピクセルビニング
  • 3.45 μmピクセルで高解像度イメージング
  • ハードウェアトリガー

*記載のフレームレートは、十分なパフォーマンスのコンピューターを使用し、カメラの露出時間を短く設定した場合を想定しています。

Downloads

ZEISS Axiocam 705 mono

Your fast 5 megapixel microscope camera for high resolution imaging at high speed.

4 Pages
Filesize: 2,427 kB