ZEISS Axiocam 712 mono

フレキシブルな1200万画素の顕微鏡カメラ

広範囲サンプルエリアの高速・高解像度イメージング

Axiocam 712 monoは、広範囲のサンプルエリアを高速かつ高感度でイメージングする場合に理想的な顕微鏡カメラです。
1200万画素の大型CMOSセンサーと小さなピクセルサイズの組み合わせにより、高い光学解像度を実現。低ノイズと高い量子効率により、要求の厳しい蛍光アプリケーションにも最高の感度で対応します。

大型センサーと小さな高感度ピクセルの組み合わせにより、多くの異なるアプリケーション、特に蛍光イメージングに適した非常にフレキシブルな顕微鏡カメラです。アクティブ冷却CMOSセンサーは、長期間にわたる安定した動作と低い読み出しノイズの画像を提供。露出時間は100 μs~60sで設定可能、ダイナミックなサンプルのイメージングから微弱なシグナルの検出まで対応します。

フル解像度で20フレーム/秒以上を達成し、ピクセル数を減らすことにより100フレーム/秒以上になります。ハードウェアトリガーにより、多次元イメージング実験の正確な同期が可能になり、グローバルシャッターアーキテクチャーにより、モーションアーチファクトのない画像を常に取得。そして、このカメラの優れた機能には、72%を超える高い量子効率、幅広い検出スペクトル、近赤外領域の高い感度も挙げられます。このことにより、広範囲のサンプルエリアやダイナミックなサンプルのイメージングから微弱な蛍光サンプルの高感度イメージングまで、モノクロイメージングアプリケーションのためのオールインワン顕微鏡カメラです。

推奨アプリケーション
  • 高解像度の蛍光イメージング
  • 広域イメージング
  • 研究
  • ライブセルイメージング
  • マクロイメージング

Highlights

Polarized CACO-2 cells, filter-grown for two weeks and MeOH fixed
極性CACO-2細胞。フィルター上で2週間培養し、メタノール固定。青:DNA (DAPI)、緑:細胞間接着タンパク質、赤:β-catenin(モノクローナル抗体)。提供:C. Hartmann and K. Ebnet, Center for Molecular Biology of Inflammation, Institute of Medical Biochemistry, WWU Münster, Germany
  • 1200万画素冷却グローバルシャッターCMOSセンサー
  • 広視野のための大型センサー
  • 350 nm – 1000 nmの幅広い感度スペクトル
  • 1200万画素のフル解像度で20フレーム/秒*
  • ライブ画像モードでフルフレーム30フレーム/秒*
  • 低い読み出しノイズとアナログシグナルゲイン増幅
  • 微弱シグナルイメージングのための独自のノイズ抑制テクノロジー
  • HDRモードで1:25,000のダイナミックレンジ
  • 3.45 μmピクセルで高解像度イメージング
  • ハードウェアトリガー
*記載のフレームレートは、十分なパフォーマンスのコンピューターを使用し、カメラの露出時間を短く設定した場合を想定しています。

Downloads

ZEISS Axiocam 712 mono

Your flexible 12 megapixel microscope camera for fast high resolution imaging of large specimen areas.

4 Pages
Filesize: 2,643 kB