Axiocam HRm顕微鏡カメラ

Axiocam HR

マイクロスキャニングによる高分解能顕微鏡カメラ

Axiocam HR 1300万画素高解像カメラ

最大13メガピクセルの精緻さ

  • はじめに
    マイクロスキャニングとCo-Siteサンプリングを用いた顕微鏡カメラ

    高解像度顕微鏡カメラ

    ZEISS の高性能顕微鏡カメラで、病理学や発生生物学のプロセス解析を行うことができます。自然な色再現度で細部まで美しく保存された結果を記録に残すことができます。読出速度を2段階に切り替え可能なため、高解像度でも高速でも、どのような要件にも対応できます。この柔軟な読出し技術が、アプリケーションの範囲とカメラの可能性を大きく広げています。

    すべてのピクセルに完全な色情報

    顕微鏡カメラの可動センサが、赤、緑、青の各チャネルで詳細な評価を行います。そのため、固定センサを備えたカメラを利用する場合に発生する微細構造や細かいエッジの色ずれは起こりません。42bitのRGB色分解能と1:2500のダイナミックレンジによって、組織の色調を高速かつ信頼性高く描写することが可能です。2500.

    最大13メガピクセルの詳細像

    AxioCam HR 顕微鏡カメラは、9種類の解像度による顕微鏡イメージに対応しています。細胞を微細構造まで取得できる強力な分解能が提供されるため、有意義なプレゼンテーションや発行物を作成することが可能です。



    AxioCam HRについてのお問い合わせはこちら

  • 主な特徴
    • イメージの細部まで完璧な色情報
    • 各カラーチャネル最高13メガピクセルまでの解像度
    • AxioCam HRc:3×14 bit 色深度
    • 2/3インチの大きなCCDセンサ
    • FireWireで簡単にインストール
    • 2つの読出速度:25 Mhz と 12,5 Mhz を切替可能
    • 25 Mhz モード:ダイナミックレンジが1:2200、速度優先、12bitデジタル変換
    • 12.5Mhzモード:ダイナミックレンジが1:2500、画質優先、14bitデジタル変換
    • 最大のセンサ解像度で毎秒12枚までのライブイメージを取得
    • 通常解像度で毎秒15枚、5×5ビニングモードで毎秒48枚までのタイムラプス撮影を高速に取得
    • スキャンした部分を高速に取得。最大解像度4140×3096ピクセルでわずか2.4秒
    • 70ミリ秒以下の露光時間
    • 最大のダイナミックレンジと感度でも7.7e以下の低い読出しノイズ
    • 新しいシャープネス機能でイメージを最適化
    • 彩度調整
    • 最大数分の露光時間


    AxioCam HRについてのお問い合わせは こちら

  • テクノロジ

    イメージの細部まで完璧な色情報

    通常、デジタル1チップカラーカメラはカラーマスクとともに利用されます。そのようなカメラで単一イメージを取得する場合、各ピクセルは赤、緑、青の色情報を1か所だけで受け取ります。失われた色情報は、まわりのピクセルから補間しなければなりません。これは、微細構造での色ずれや色のゆがみにつながり、イメージを台無しにしてしまいます。

    特許技術である AxioCam HRのCo-Siteサンプリングを利用すれば、すべてのピクセルの色情報を完璧に取得できます。解像度を高めるマイクロスキャニングプロセスとともに利用すれば、美しいシャープなイメージを比類ない高解像度で得ることが可能です。

    AxioCam HRについてのお問い合わせは こちら

  • ダウンロード