レーザマイクロダイセクションと光ピンセット - PALMアクセサリと回収装置

マイクロビームアクセサリ

アクセサリ

アクセサリ

  • 標準的なチューブやガラススライドが MicroBeam で使用可能
  • あらゆる種類の生細胞とパラフィン包埋組織切片や凍結組織切片など、ルーチンで使用される試料のためにカスタマイズされた消耗品とアクセサリの使用が可能

 

固定標本の利用

  • 形態学的な序歌を維持するためのメンブレンスライド
  • 個々の要求に応じ、乾燥状態での回収のための接着素材を満たしたキャップ、ストリップ、96ウェルマイクロタイタープレートなどの回収装置あるいはバッファ

 

生細胞

  • 少量の培養基にも対応する培養皿
  • 陽性または陰性の分離
  • 人間または動植物の生きた細胞のマイクロマニピュレーション

 

インキュベーター

  • PM PALM S1ZEISSソフトウェアから温度、湿度、およびCO2 を制御
  • 温度、湿度、およびCO2のための安定条件
  • モジュール式コンセプト - すべてに対応するヒーティングプレート:50mmまたは35mmのディッシュおよび通常のスライド(1mmまたは0.17mm)に対応するインサートキット
  • 簡単な取扱い:ヒートリッドを取り外し、ステージまたはインサートを動かさずにLCMを開始
  • 光ピンセットアプリケーションを最適化:ZEISSの FluidCell はホットプレートインサートに適合
  • 観察期間が数日にわたる場合でも培養と同時にタイムラプス撮影画像を記録

 

インキュベーター

  • XL PALM S1密閉されたコンパートメントでのマイクロダイセクションとマイクロマニピュレーション
  • 均一な温風環境
  • オプションのソフトウェアベース温度制御

 

LiveCellコレクター

  • 無菌環境での作業
  • 成長する接着細胞の選択的分離と再培養

 

回収装置

RoboMover と CapMover は、MicroBeam システムの完全に自動化されたコンピューター制御の回収機構です。

 

RoboMover

RoboMoverはCapMoverが進化型です。例えば、選択した複数の要素を異なるキャップまたはマイクロタイタープレートの奥に正確に分割することができます。RoboMoverは色分けされた試料を事前に設定された回収装置に自動的に分類します。この方法で、何百もの試料を正確に分類して収集できます。

 

  • 高速で便利かつ非常に柔軟な装置
  • 単一の撮影または複合用途: 単一キャップ、8キャップ、最大12個の8キャップストリップ、または96ウェルプレートを搭載
  • 回収装置の全自動制御
  • 便利なソフトウェア制御:撮影を開始する前に選択したレーザ領域の分布を管理単一要素ごとに回収装置を結び付ける

 

CapMover

CapMoverは、試料スライドまたは細胞培養ディッシュのキャプチャー位置の上にマイクロチューブの蓋を配置します。CapMoverの利点は使いやすさにあります。マウスクリックで正確に試料の上に配置され、もう一度マウスをクリックしてCapCheck機能を実行できます。

 

  • 射出された試料のソフトウェア制御のCapCheck: 形態的に無傷
  • 1回のマウスクリックで正確に試料の上に配置
  • 回収装置の容易な搭載
  • 組織試料または生細胞の作業に最適なコレクター
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細