AxioVision MAT

画像の取得

MosaiX

大きな金属表面の解析用に 開発された MosaiX では、単一の大きな画像作成用に、試料表面をスキャンします。 電子的に作成された画像は、試料を部分観察する際のマップとして利用でき、それを基にそれ以降の解析作業がしやすくなります。 各蛍光励起波長用に、関連チャンネルが 最適な露出時間 とともに取得されます。 メリット: フレキシブルに撮影のスケジュールが組め、非常に複雑なマルチチャンネル撮影も簡単に行えます。

Z-スタック

Z-スタック作成のために、ソフトウェアが正確なステップで電動顕微鏡のZ軸ドライブを制御し、画像と同期させます。 フォーカスステップは自由に設定できます。また自動的に計算させることもできます。


このモジュールのメリット: 3次元中の情報から最適な検出をいたします。

さらには、OrthoView (仮想断面)機能で、AxioVision のエントリレベルバージョンでも、Z-スタック分析に非常に有効な方法を提供いたします。

ヒント: カットビューモードでスタックした画像は AxioVision または、フリーウェアの AxioVision LE の可視化ができます。 画像スタックの解析に-Zスタックモジュールは不要ですので、画像の共有が自由に行えます。

展開
縮小

拡張フォーカス

どの画像も細部まで描写いたします
顕微鏡の焦点深度だけでは、試料全体の厚みまでがわかるくっきりした画像を取得するのに充分とは言えません。 そのソリューションとは、試料の前面から背景にかけてフォーカスしながら、多くの画像 を取得することに尽きます。 その時、拡張フォーカスモジュールが 取得した各画像からくっきりと映った部分を組み合わせ 端から端までどこから見てもシャープな1枚の画像をつくり出します。

ウェーブレット技術 および実体顕微鏡画像の自動アラインメント機能。

拡張フォーカスモジュールが、この革新的なウェーブレット手法に則り、各画像を解析します。 画像の中のくっきり映った部分周辺の解析だけでなく、全体の画像の内容までも解析されます。

実体顕微鏡の利用をご希望されていますか? そうであれば、異なる視点により生じた画像スタック中の移動を AxioVision が自動補正します。

展開
縮小

オートフォーカス

Autofocus モジュールが、反射光や透過光の中の試料に対して 最適なフォーカス位置 を計算します。 各対物レンズに対してシステムはキャリブレーションされているため、ソフトウェアは常に正確にフォーカスします。 異なる位置で記録された画像に対して、システムは 自動で繰り返しフォーカスします。 これは Mark&Find モジュールで画像取得中にフォーカスするというような、スキャニングプロセスにとって完璧なソリューションです。

HDR による画像取得

このモジュールは高コントラストモチーフ用に開発されました。 ご利用のカメラでは試料の全てのコントラスト情報が取得できないとお気づきになるでしょう。 高いダイナミックレンジ で、暗部からの構造とともに明るい画像領域の細部を1枚の画像 にキャプチャできます。 HDR による画像取得は、異なる露出時間で撮影した数枚の画像からダイナミックレンジが広がった画像を生成します。 追加情報も利用可能です。それを利用することで、より高精度で、有意義な測定結果が得られます。 画像取得のテクニックにより 画像ノイズが軽減 されるので、画像の品質がさらに向上するというメリットがもたらされます。

パノラマ

このモジュールは、画像フレームにフィットしない試料にとって、まさに理想的です。 高解像パノラマ または 全体画像 が各画像の正確なピクセルを用いて再現できます。 オーバーラップした画像でも、精密な画像のつなぎ合わせが可能ですので、1枚の画像に試料の重要な細部をしっかり記録できます。

Mark & Find

Mark&Find のご利用で、試料で 観察したい部分にすべて マーキングしたり、保存しておけるようになります。 ポジションリスト を使用すればいつでも検索可能で、取得した画像をさらに細部まで調べられます。 メリット: 複数のデータセットが同じ試料から抽出できます。 解析可能な膨大な数の画像が取得できます。 それにより時間の節約が可能です。

タイムラプス

タイムラプスモジュールで、顕微鏡、カメラ、ハードウェアコンポーネントを精密に制御し、試料のさまざまなプロセスを価値あるドキュメンテーションとして記録します。試料を使った実験の 観察 、経時変化の 調査 、画像結果の鮮明な 記録 - このモジュールを使用すれば、画像と顕微鏡の双方を高精度で制御していただけます。 さらなるメリット: 経時撮影、または、複数の異なる位置から取得した画像の場合、システムは 自動的に継続してフォーカスを繰り返します

AxioVision による画像取得についてのお問い合わせは こちら 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細