ZEISS Mineralogic

2D・3Dで鉱物相を識別しテクスチャを解析

Mineralogic 2D搭載のZEISS SEMを使用したCHEMeraマッピング
Mineralogic 2D搭載のZEISS SEMを使用したCHEMeraマッピングにより、スコットランド・グレネルグで採掘された変成岩である柘榴石藍晶石片麻岩において、地球化学的変動と鉱物相識別を組み合わせました
Mineralogic 3D標準出力
Mineralogic 3D標準出力には、バルク鉱物学、形態学的測定、単体分離および共生情報が含まれます
粉砕鉱石の解析は、構成鉱物学の鉱物学的、形態学的、および単体分離の詳細を明らかにします
粉砕鉱石の解析は、構成鉱物学の鉱物学的、形態学的、および単体分離の詳細を明らかにします

ZEISS Mineralogic

自動化された定量的鉱物解析

資源需要の増加に伴い、より複雑で回収率の低い鉱石が評価されるようになりました。回収率を最大化するには効率の改善が必要であり、そこでは鉱体に関する深い知識と、選鉱プロセスに影響を与える鉱物学の知識が求められます。

自動化には、個人や組織を困難で時間のかかる作業から解放し、より戦略的かつ生産的な業務をできるようにしてくれる可能性があります。
ZEISS Mineralogic 2D・3Dでは、最先端の顕微鏡と走査型電子顕微鏡(SEM)、X線顕微鏡(XRM)、業界最先端のエネルギー分散型X線分光法(EDS)、およびAIベースの深層学習アルゴリズムを組み合わせて、分析能力と生産性を高めることにより、自動化された定量的な鉱物解析が可能になります。
ZEISS Mineralologicは、詳細な岩石学的調査からハイスループットの鉱物単体分離ワークフローに至るまで、サンプルの地質学的調査を厳密に行うための理想的なソリューションです。

特長

Mineralogic 2D

  • 鉱物および試料の詳細な化学および粒子情報から、事実に基づいた業務上の決定を行います。
  • 定量的化学解析および分類により、粒子の自動分類、鉱石の種類特定、定量化を行います。
  • 化学解析を粒径、形状パラメータ、グレーレベル、および多孔度と組み合わせて、インラインで形態化学定量化を実現し、直ちに集計したすべての結果を示します。

Mineralogic 3D

  • 試料をそのままの形で観察し、3Dで鉱物を分類してパラメータを測定して、その組成、鉱物の関連性、テクスチャを理解することができます。
  • 平面を露出させるために試料を機械的に加工する必要がないため、簡単な試料処理でハイスループットの解析が可能になります。
  • 非破壊イメージングが貴重な試料の解析や相関ワークフローを実現します。

Mineralogic 2D

Mineralogic 2Dは高分解能のSEMイメージングとEDSを組み合わせて、SEMをベースとした自動化された定量的鉱物解析(AQM, Automated quantitative Mineralogy)を提供します。Mineralogicは、分析精度と自由度の高さを念頭に置いて設計された汎用性の高いシステムです。
イメージング検出器(SE、BSD、CL等)は、鉱物相を化学組成に基づき自動分類するための定量的化学解析を実行する前に、解析領域を定義するため、および形態学的、化学的、単体分離、テクスチャのパラメータを詳細出力するために、単体でまたは組み合わせて使用できます。

Mineralogic 2Dのアプリケーション:​

  • 定量的化学解析および分類
  • 形態化学および岩石学的分類
  • 地球科学的調査
  • 鉱体特性評価
  • 鉱業固有の出力
Mineralogic 2Dの、精確な化学解析と形態化学的分類器の形態学的パラメータを組み合わせる優れた機能により、鉱物相の形態におけるわずかな違いの区別も可能になります。
Mineralogic 2Dの、精確な化学解析と形態化学的分類器の形態学的パラメータを組み合わせる優れた機能により、鉱物相の形態におけるわずかな違いの区別も可能になります
ゾーン化された柘榴石(採取地:スコットランド・ロックロモンド)
ゾーン化された柘榴石(採取地:スコットランド・ロックロモンド) CHEMeraマッピングでは、地球化学的変動と進化する包接集合体の相同定を組み合わせ、地質学的履歴をチャート化します

Mineralogic 2Dの顕微鏡プラットフォーム

ZEISS GeminiSEM FESEM

高性能SEM

詳細

ZEISS Sigma FESEM

高分解能とハイスループット

詳細

ZEISS EVO

産業アプリケーション

詳細

Mineralogic 3D

高度な機能を持ったZEISS Xradia 3DX線顕微鏡およびmicroCTプラットフォーム上に、ZEISS DeepRecon Proを使用して構築されたZEISS Mineralogic 3Dは、高度で柔軟な機械学習プロトコルを適用することで、同じ組成の他の粒子と接触していても個々の粒子を認識できます。また、粒子を個別に自動解析して、モーダル鉱物学的情報、体積、多孔率、フェレット寸法測定、共生、および単体分離などの一連の関連する結果を提供します。 ​

Mineralogic 3Dがあれば、試料調製はほぼ必要ありません。すべての結晶粒を3Dで完全に観察できるため立体解析学的仮定が排除され、意思決定につながるデータを得るまでの時間が大幅に短縮されます。さらに、X線の非破壊性により、隕石やサンプルリターンミッションなどで得られた貴重な試料を傷つけることなく観察できます。​

Mineralogic 3Dのアプリケーション:​

  • 鉱物分類
  • モーダル鉱物学、共生解析、単体分離
  • 鉱体特性評価
  • 粉砕評価
  • プロセス制御
粉砕鉱石の構成鉱物学において、鉱物学的、形態学的、および単体分離の詳細を明らかにします
脈石内の黄鉄鉱および黄銅鉱の露出と分類
脈石内の黄鉄鉱および黄銅鉱の露出と分類

Mineralogic 3Dの顕微鏡プラットフォーム

ZEISS Xradia 620 Versa

FPX(フラットパネルエクステンション)搭載3D X線顕微鏡

詳細

ZEISS Xradia Context

広視野、非破壊3D X線システム

詳細

ダウンロード

ZEISS Mineralogic

Your Automated Mineralogy in 2D and 3Dfor phase identification and textural analysis

ページ: 24
ファイルサイズ: 8621 kB

ZEISS Mineralogic - Flyer

Flexible, quantitative automated mineralogyfor geoscience research

ページ: 2
ファイルサイズ: 1922 kB

ZEISS Mineralogic 3D

The next dimension in automated mineralogy

ページ: 2
ファイルサイズ: 1482 kB

ZEISS Mineralogic 3D for Mining - Flyer

Your geometallurgy goals realized with maximum efficiency

ページ: 2
ファイルサイズ: 677 kB

ZEISS Mineralogic - Application Note

3D Automated Quantitative Mineralogy

ページ: 5
ファイルサイズ: 2802 kB

Application Note: ZEISS Mineralogic 3D

Whole-particle Liberation Studies

ページ: 6
ファイルサイズ: 1722 kB

検索結果1 - 6の6