ZEN

画像処理

ZEISS ZEN for Image Processing

画像の処理

コロカライゼーション

コロカライゼーションモジュールは、異なる蛍光チャンネルのオーバーラップした信号のアンミックスに使用できます。
ZEN ソフトウェアは、Costes .による自動閾値方法等、近代的手法を活用。タンパク質のコロカライゼーションについて、散布図、画像 ならびに データテーブル という形式で獲得できます。

画像のある特定領域の解析をするには、画像と散布図上の該当領域にマーキングするだけです。そのとき、ZEN用スペクトルコロカライゼーションが、全体画像と選択領域の双方のデータを提供します。もちろん、測定値をCSV フォーマットにエクスポートし、スプレッドシートを使用してその後の処理も可能です。

画像のある特定領域の解析をするには、画像と散布図上の該当領域にただマーキングするだけです。そのとき、ZEN 用スペクトルコロカライゼーションが、全体画像と選択領域の双方のデータを提供します。.
もちろん、測定値をCSV フォーマットにエクスポートし、スプレッドシートを使用してその後の処理も可能です。

デコンボルーション

顕微鏡システムの持つ光学特性により、焦点面の上下のエリアからの光も画像に入り込みます。これは、試料の微細構造がそれ以上抽出できないことを表しています。

3Dデコンボルーションソフトウェアモジュールは、イメージスタック中の逆光を計算することにより元の位置に戻します。歪んだ試料構造が元へ戻り、よりシャープな画像が表示されます。それまで存在していた画像ノイズも軽減し、スタック画像や3次元モデルをより高画質にすることができます。

3D VisArt

3D VisArt の使用で、多次元画像スタックを3Dボリュームモデルとして表示できます。ZENモジュールは8チャンネルまで処理可能。さらに空間画像座標も画像に関するタイムラプス情報を考慮します。

 

どの表示方法でも3次元モデルを対話式に配置し、注釈、座標軸、スケール軸を表示できます。3D VisArtは、距離と角度を対話式で測定する パワフルなツールを持っています。プレゼンテーションや投稿に使用する場合は、TIF、JPG、AVI 等一般的に使用されているフォーマットに、画像やアニメーションをただエクスポートするだけです。