ZEISS Xradia Synchrotron Family

Nanoscale X-ray microscopy for synchrotrons

ZEISS Xradia Synchrotron Family

  • はじめに

    エネルギー調整可能な超高分解能3Dイメージングをシンクロトロンで実現

    ZEISS Xradia Synchrotronソリューションでは、ナノスケールのX線イメージングをシンクロトロン施設に導入することができ、コストと時間のかかる社内開発を行わなくてすみます。独自のX線光学系と実績のある3D X線顕微鏡プラットフォームで、最新のシンクロトロン施設で利用できる超高輝度の調整可能なX線ビームを活用します。<30 nmの分解能、さまざまなコントラストモードの高速非破壊3Dイメージングを実現します。Xradia Synchrotronシリーズには、軟X線から硬X線までの幅広いエネルギー範囲をカバーするイメージング顕微鏡とスキャン顕微鏡の両方が含まれています。

    ZEISS Xradia 810 Ultraについてのお問い合わせは こちら

  • 特長

    トモグラフィー蛍光低温

    Xradia 800 シンクロトロン:硬X線ナノトモグラフィ
    X線による3Dトモグラフィイメージングでは、関心領域でのカッティングやセクショニングを行わずに、内部構造の詳細なボリューメトリックデータを得ることができます。Xradia 800 Synchrotronは、5~11 keVのエネルギー範囲で作動し、バッテリー、燃料電池電極、触媒、軟組織および硬組織などの幅広い試料を、<30 nmの分解能でイメージングします。Xradia 800 Synchrotronは、XANES分光顕微鏡による3D化学マッピングやin situイメージングなどの高度な技術に最適で、実際の運用条件下で試料を研究することができます。

    Xradia 825 Synchrotron:軟X線ナノトモグラフィ
    ウォータウィンドウ領域を含む2.5 keV以下の軟X線範囲での3Dトモグラフィイメージングは、細胞および組織全体の構造のイメージングに最適です。低温試料処理では凍結水和状態でイメージングを行い、試料をできるだけ自然に近い状態に保ちながら、放射線損傷の影響を最小限にすることができます。さらに、有機材料および無機材料の化学状態マッピングや磁区のイメージングなどのアプリケーションがあります。

    Xradia 835 シンクロトロン:X線蛍光顕微鏡
    硬X線ナノプローブは、微量元素を超高感度でマッピングおよび定量化する必要があるアプリケーションに特に適しています。このアプリケーションには、健康および疾患における金属ナノ粒子と機能性ナノ粒子の役割、植物の重金属吸収、太陽電池やその他の機能材料の不純物と欠陥などがあります。Xradia 835 シンクロトロンは、ZEISSのゾーンプレート光学系と、X線蛍光、分光、回折などの確立された分析技術とを、柔軟で拡張性の高いプラットフォーム上で組み合わせます。低温試料処理は、最高分解能でのイメージングが必要な生命科学試料の放射線損傷の影響を限定的にします。

    ZEISS Xradia 810 Ultraについてのお問い合わせは こちら

  • メリット

    ZEISSの実績のあるシンクロトロンプラットフォームを利用すれは、時間とエネルギーをコストや時間がかかる社内開発に使うのではなく、研究に費やすことができます。

    実績のある3D X線顕微鏡プラットフォームでの研究ニーズに最適なシステムを選択できます。

    Xradia 800 シンクロトロン:硬X線ナノトモグラフィ
    破壊3Dトモグラフィイメージングの<30 nmの分解能を活用して、関心領域のカッティングやセクショニングなしで詳細なボリューメトリックデータを取得します。

    高度な技術に対応する柔軟性を利用し、さまざまな試料をin situでイメージングして、実際の作動条件の効果を比類のない画質とスループットにより把握します。

    電気化学装置の酸化状態や触媒を、XANES分光顕微鏡を使用してマッピングします。

    Xradia 825 シンクロトロン:軟X線ナノトモグラフィ
    「ウォータウィンドウ」エネルギー範囲を利用して、自然な湿潤環境内の有機材料を高コントラストでイメージングします。

    低温試料処理を利用して細胞および組織全体の構造をイメージングし、放射線損傷の影響を最小限にします。

    光学蛍光顕微鏡を相関させ、構造イメージングと機能イメージングを組み合わせます。

    Xradia 835 シンクロトロン:X線蛍光顕微鏡
    EISS独自の光学系と、X線蛍光、分光、回折などの確立された分析技術とを、柔軟で拡張性の高いプラットフォーム上で組み合わせます。

    微量元素を超高感度でマッピングおよび定量化します。

    低温試料処理を利用して放射線による生体試料の損傷を最小限にしながら、30 nmの分解能でイメージングします。

    ZEISS Xradia 810 Ultraについてのお問い合わせは こちら

  • アプリケーション
      Xradia 800 シンクロトロン
    Xradia 825 シンクロトロン
    Xradia 835 シンクロトロン
    材料科学
    充放電サイクル中の電池の電極粒子をオペランド観測in situで触媒粒子の化学イメージングを実行実用温度のin situでSOFCナノ構造を分析
    分光顕微鏡による高分子材料の化学イメージングを実行
    晶ナノ構造の応力および歪みの研究太陽電池のナノスケールの欠陥をマッッピングセメントの構造をナノスケールで特性評価
    生命科学
    細胞および組織内のナノ粒子の毒性研究骨のナノ構造をイメージングおよび定量化
    セクショニングされていないセル全体の超微細構造を凍結水和状態で可視化X線および光学蛍光顕微鏡を相関させ、構造イメージングと機能イメージングを結合
    細胞および組織内の微量金属をマッピングし、疾患、薬剤、毒性、ナノ粒子吸収、その他の関心テーマを研究
    天然資源、地球環境および環境科学
    地球の下部マントル条件での溶融鉄の形態を可視化保水に関係する土壌粒子の微細構造の研究
    湿潤環境内の微生物の研究
    植物の重金属吸収の研究ナノ毒性の分析を実行し、バイオレメディエーションのソリューションをサポート
    エレクトロニクス
    集積回路をイメージングし、不正な改変を調査
    磁区をナノスケールでイメージング
    半導体の格子歪みをナノスケールでイメージング

    ZEISS Xradia 810 Ultra についてのお問い合わせは こちら

  • ダウンロード

    Xradia製品に関する情報をお届けします。こちらのフォームにご記入ください。ご指定のアドレスにEメールで資料をお届けします。必ず有効なEメールアドレスを入力してください。

画像および注釈
    1.ニッケル電池:ニッケル電池電極の化学組成の3D画像(赤:NiO、緑:Ni) 試料ご提供:Y. Liu et al, SSRL
    2.SOFC:固体酸化物型燃料電池(SOFC) 電極の多相イメージング
    3. Ptk2:ウィルスに感染したPtk2 細胞を識別して3Dレンダリング青:核、赤/オレンジ:ウィルス粒子資料ご提供:F.J.Chichon et al., CNB-CSIC and ALBA Synchrotron (Spain)
    4.癌細胞:ヒト癌細胞における初期の分布、資料ご提供:C. Weekley (Univ. of Adelaide)