生化学的薬理学

生化学的薬理学と毒物学

学際的相互作用

生化学的薬理学で、生体の化学物質と生化学過程間の相互作用を研究されていますか。 医薬、生物学、化学の学問領域は、化学や薬品毒物学の領域をも網羅します。 多岐の専門分野の研究に関し、プロテオミクスやメタボロミクス、計算に基づく合成化学、創薬、バイオインフォマティクス、生物分析化学の分野での技術的進歩に頼らざるを得ません。もちろん、さまざまな顕微鏡を駆使したデジタル画像化もそのうちのひとつです。

細胞代謝を理解する

生化学的薬理学や毒物学の分野は、細胞生物学的また生化学に関する知識の急増により、この2、3年で大きく変化しています。 お客様は、ある特定の細胞内シグナル伝達や代謝経路で反応する化学薬品や分子をデザインされていますね。 蛍光プロテインを用いた細胞内プロセス発色作用により、複合代謝の動態を分析しより深い理解へとつながります。 インキュベータのオプションのある、反転した Axio Observer は、生細胞の進化した蛍光画像用ツールです。 ツァイスの共焦点レーザスキャン顕微鏡システム用プラットフォームとしてAxio Observerをご利用ください。たとえば、 LSM 800 または LSM 880です。 高解像度高感度を利用して、細胞内のタンパク質の局在性を研究したり、タンパク質の相互作用や動態を観察することが可能です。 生細胞をすばやく、たやすく、3次元画像として画像化するために、回転ディスク技術を駆使した Cell Observer SD へとアップグレードいたします。 

ハイスループットスキャニング

潜在的な製薬学的用途のある多くの化合物の評価に、高含量スクリーニングシステムを使用します。 カールツァイスのソフトウェアはお客様が専用のハイスループットソフトウェアモジュールを使用した評価をサポートいたします。 ASSAYBuilderと ZENを使用し、分子局在、細胞分化、細胞毒性用に細胞をすばやく効果的に解析できます。高精度、高スループットの蛍光断面画像スキャナ Axio Scan.Z1 がスクリーニングプロジェクトを完全にサポートし、製薬目的の分類や、特性化にご協力いたします。 幅広い設定が可能で、スライドのグループ化が簡単にできる機能を使用し、スキャンプロファイルを作成、保存ください。 オープンでよくドキュメント化されたユーザインタフェースを使用し、お客様独自のプログラムに基づくデータにアクセスし画像解析したり、統合画像解析モジュールを利用できます。

光・電子相関顕微鏡

分子レベルでの薬物分子の相互作用の観察用に、お客様の蛍光顕微鏡を、高解像度と構造情報を有する電子顕微鏡と組み合わせてお使いください。 この Shuttle & Find を使用すれば、光学顕微鏡のどこに関心があるのか明確にできたり、試料を電子顕微鏡に移したり、簡単に特定の領域への移送ができます。 スキャン電子顕微鏡 SIGMA をご利用くだされば、高解像度画像から、また、要素解析用EDX等の拡張解析機能を利用できる能力があることから、生化学的薬理学分野の研究のお役に立ちます。

生化学的薬理学と毒物学用推奨製品群

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細