バイオメディカルエンジニアリング用推奨顕微鏡製品

バイオメディカルエンジニアリング

ソリューション

バイオメディカルエンジニアリング

生命科学研究と工学の融合

バイオメディカルエンジニアリングでは工学原理を応用し、医薬やバイオロジへの概念をデザインします。 この学際的アプローチが、エンジニアリングと生命科学研究を結び付け、ヘルスケアの診断、モニタリング、治療手段を向上させます。 お客様にとって何かの課題への取り組みは、物質表面が如何に生物組織と相互作用しあっているのかを理解することにつながります。たとえば、人工移植を行う際にどうしたら拒絶反応を最小限に食い止められるか、です。

広範囲にわたるアプリケーションを網羅します

学際的アプローチにより、顕微鏡や顕微鏡使用のソリューションのためのお客様のアプリケーションは結果的にとてつもなく広い範囲を網羅できることとなり、調整作業や小さな物質を扱う実体顕微鏡を使用することとなります。 光学顕微鏡の材料研究アプリケーションをご利用になり、生体物質と直接接触している金属や化合物の表面および構成の理解にお役立てください。 細胞内の相互作用や機能的プロセスを理解しなければならない場合、蛍光顕微鏡が蛍光タンパク質からの信号をキャッチします。 電子顕微鏡では、物質表面に関する高解像度情報をはじめとして、細胞内の情報についてもお客様にご提供いたします。 お客様の情報層をすべてつなぎとめる必須ツールは、Shuttle & Findで、光・電子相関顕微鏡(CLEM)用の弊社ソリューションです。

品質保証と品質管理

バイオメディカルエンジニアリングでのこの専用分野は、お客様の製造工程での品質保証手順をすべて網羅します。 従記の標準化手順と法的要件に基づき、移植はすべて検査必須対象となります。 コンポーネントの品質を記録として残す目的で、お客様が使用されている顕微鏡および自動測定プロセスがデータをすべてお客様にご提供しなければなりません。 標準化された校正プロセスにより、お客様が顕微鏡の耐用年数期間中の適合性をお約束いたします。 カールツァイスは製品はもちろんのことそれを支える基礎構造にも注視し、製品を含めた品質保証や品質検査プロセスも一貫してサポートしています。

バイオメディカルエンジニアリング用推奨製品