構造生物学タスクとアプリケーション用顕微鏡と画像化ソリューション

構造生物学

構造から機能まで

構造生物学では、細胞小器官、高分子の超微細構造を研究、機能を理解します。 この目的ゆえに、良い状態での細胞内コンパートメントの維持や高解像度画質が求められます。

お客様のスキャン電子顕微鏡使用の3次元画像化

この分野の新たなアプローチとして、カールツァイス製 SIGMA 3View または MERLIN 3View装着のスキャン電子顕微鏡(SBF-SEM)で、3次元画像の連続断面画像をご活用ください。 試料チャンバ内のGatan製超ミクロトーム利用で、15 nmまでの薄さにスライスでき、残りの断面表面を画像化し、それ以降のスライスを取り除きます。 すべての断面が画像化されるまで、このプロセスが繰り返されます。 構造生物学でのこのアプリケーションは、水平方向のnm以下への解像度で瞬時に大型試料の3次元データを取得できます。

光・電子相関顕微鏡

Shuttle & Find では、光学と電子顕微鏡の間のギャップを埋め、また、構造生物学研究に計り知れないメリットをもたらします。 最後に、カールツァイスからご提案の優れた相関顕微鏡法のワークフローをご活用ください。スキャン電子顕微鏡の持つ高解像度を使用し、蛍光標識試料の画像化を可能にします。 光学顕微鏡の関心領域(ROI)を特定し、電子顕微鏡に試料を移し、nmサイズの超微細構造用解像度に関する情報をご覧ください。

構造生物学用推奨製品