化学・製薬工業

粒子のサイズと形態

合成物質や合成薬の効果は、化学組成だけによって決まるのではなく、活性成分とマトリックスの粒子のサイズと形態にも依存します。 研究開発と品質管理において重要な役割を果たすのが、光学顕微鏡と電子顕微鏡です。 結晶形態と結晶成長、錠剤と薬物送達システムの設計と製造、コーティングの厚さの決定、人工繊維の特別な特性の開発。これらのすべてが、顕微鏡による検査の恩恵を受けています。
研究や製造では、粒子解析を頻繁に行う必要があります。 粒子解析は、専用のソフトウェアモジュールを使って実行します。自動化されており、工業規格にも準拠しています。

汚染物質検知

加工と品質管理の過程では、原材料や容器の汚染物質を検出し、識別しなければなりません。 結晶形態や粉末形態で現れる活性成分は、サイズや形状、さらにサイズの分散がテストされます。それによって、たとえば溶解速度などがわかる可能性があり、効果もわかる可能性があります。

研究開発には常に正しい技術を

同じように、粒子のサイズや形状は、ポリマ化合物などの新開発素材の特性にも影響を与えます。 たとえば偏光顕微鏡を使ったin-situ結晶評価で需要な情報を得られる可能性があります。 塗料やニスの開発や製造には、そのような保護コーティングの様々な形態の腐食に対する強弱のテストが含まれます。 そのようなテストをサポートするのが、共焦点レーザスキャン顕微鏡です。共焦点レーザスキャン顕微鏡は、粗さの測定、トポグラフィのマッピング、膜厚の測定を行う強力な手段です。 人工繊維の特徴も、顕微鏡で調べることができます。

表面とコーティング

錠剤のコーティングは薬剤の製造を行う上で欠かせない要素です。コーティングの役割は、活性成分の保護と放出速度の調整です。 コーティングの機能性は、厚さや間隙率といったコーティング特性と相関があります。 従来の顕微鏡技術や共焦点技術を使って、薬物送達システム内のコーティングの形態の調査や、膜厚の測定ができます。 オプションのX線解析システム(EDS)を組み合わせた走査電子顕微鏡は、粒子サンプルのサイズ、形状、化学組成を自動的に測定、分類、記録します。

化学・製薬工業用推奨製品: