科学捜査

科学捜査による調査

科学捜査による調査では、大変小さな試料の解析に光学顕微鏡や電子顕微鏡を利用します。 その結果、決定的な証拠につながる様々な物質の出所を明らかにすることができます。 硝煙反応、工具による痕跡の調査、インクや紙の解析、塗装や毛髪、繊維のマッチング、その他の物証の識別などが、関心領域の例になります。 微細構造、粒子、ひび割れの場所や原因などにフォーカスすることができます。

故障解析と破面解析(フラクトグラフィ)

故障解析は通常、 SteREO Discovery.V12 などの実体顕微鏡と、高解像度用に Axio Scope.A1を組み合わせた環境で行います。科学捜査解析では、卓越した信頼性を持つ Axio Zoom.V16 が最高のツールとなります。たとえば、発砲事件やそのわずかな痕跡についての証拠書類を作成する場合などがあげられます。物質の破断面を研究するフラクトグラフィでは、共焦点レーザスキャン顕微鏡が他の技術に比べてかなり有利です。これは、3D立体表現を行う能力があるためです。

タスクに応じたミクロンやナノメートル単位の調査

科学捜査で紙を検査する場合、SteREO Discovery.V12が利用されます。たとえば、利用された紙の出所、破れた紙の縁やミシン目の一致、紙の切れ目などを調査する場合です。 走査電子顕微鏡(SEM)のEVO MAは、ナノメートルレベルで特徴を調べ、形状やサイズを測定することができます。 エネルギー分散型X線分光計(EDS)と組み合わせることによって、システムはサンプルの元素組成を調査し、ナノメートルレベルの空間解像度でサンプル内の成分分布図を作成することができるようになります。

硝煙反応

硝煙反応(GSR)とは、銃器や薬きょう、雷管、弾丸に由来する粒子を表します。 手や体にGSRがあるということは、その人は最近、銃火器の近くにいたか、銃火器を扱ったか、発砲したかのいずれかです。 GSRの粒子のサイズは、0.1µmから20µmと様々です。 犯罪現場や容疑者から得られたサンプルでGSR粒子を識別する際には、一般的に走査電子顕微鏡のEVO MAとエネルギー分散型X線分光計(EDS)を利用します。

塗装解析

塗装は重要な物証の源で、科学捜査官に決定的な情報をもたらしてくれるものです。 科学捜査における塗装解析は、自動車事故、殺人、落書き、強盗、偽造などの事件に利用されます。 色に加えて、塗装層の数やそれぞれの層が、塗装試料を見分ける他にはない重要な要素となります。 ズーム顕微鏡Axio Zoom.V16が、塗装の色や層の数を識別するために利用される最初のツールです。 走査電子顕微鏡EVO MAとEDSシステムが、それぞれの層のさらに細かい点を明らかにします。たとえば、層の数、層の厚さ、各層の元素組成、色素粒子の分散やサイズ、汚染物質の有無などです。

法医中毒学

ヒ素、鉛、水銀、タリウム、アンチモンなどの金属は、体の中に大量に存在すると、死亡に至る深刻な被害を起こす場合があります。 このような金属が少量だけ消化された場合、たとえば腹痛、肝臓障害、循環器や皮膚の問題、がんなどの深刻な健康被害をもたらすことがあります。 通常、科学捜査実験室では、調査の一環として組織の顕微鏡調査を行います。 EVO MA による可変圧力(VP)条件のもとでの走査電子顕微鏡(SEM)観察が、人間の軟組織上の少量の非導電物質をイメージングして解析するために利用されています。 さらに、組織に蓄積されている化学物質を識別するために、EVO MAとエネルギー分散型X線分光計(EDS)が利用されています。

科学捜査用推奨製品:

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細