化石燃料と自然エネルギー

ソリューション

発電とエネルギー

発電所

石炭は、地球上でもっとも豊富な化石燃料の1つで、発電において鍵となる物質です。 その際に、もっとも重要なのが石炭の質です。 石炭の灰についての知識を持っていれば、改善プロセスにとって重要な情報になります。 石炭の混合度や純度は、発電所の効率と生成される飛散灰の量に直接影響します。 走査電子顕微鏡SmartPIは、鉱物質の特性評価、分類、定量化を行います。 SmartPIのCoalプラグインを使えば、データを報告して燃焼条件の制御に役立てることができます。その結果、スラグや汚れが減り、発電所の効率の向上につながります。

薄膜太陽電池

太陽電池技術を改善する上では、微細構造の系統的な相互作用、組成、電子特性についての深い理解が欠かせません。 AURIGA Crossbeamは、高解像走査電子顕微鏡(SEM)、集積ガリウムイオンビーム(FIB)、ガス圧入システム(GIS)を組み合わせ、サンプルから最大限のナノスケール情報を得ています。 さらに、EDSの元素解析とFIBの連続セクショニングを組み合わせることで、ミクロン以下の解像度でサンプルの3D元素組成情報を得ることも可能です。 Axio CSM 700を使用すれば、銀のフィンガー電極の高さや幅だけでなく、層の厚さも測定できます。 さらに、Orion Plusヘリウムイオン顕微鏡(HIM)は、絶縁サンプルの画像化が可能です。これによって、導電性のアルミニウムコーティングと、ガラス製の表面の両方を含む豊富なコントラストの画像を取得することができるようになります。

結晶シリコン太陽電池

太陽電池でもっとも普及しているバルク材は、結晶シリコンです。 バルクシリコンは、生成されるインゴットやリボン、ウエハー内の結晶化度と結晶サイズによって、複数に分類されます。 結晶シリコン太陽電池には、3つの主な分類である 単結晶シリコン、多結晶シリコン、リボンシリコンがあります。 かなり大き目の欠陥の一般的な解析には、実体顕微鏡、ズーム顕微鏡、Axio ScopeやAxio Imagerのような正立複合顕微鏡のいずれかが利用されます。 解析自体は、通常、解析する欠陥の種類に応じて、明視野、暗視野、DICののいずれかと反射光を用いて行われます。 Axio CSM 700やAxio LSM 700を使って、さらに表面形態を評価することもできます。

バッテリーと燃料電池

リチウムイオン電池のような効率的な蓄電技術の開発は、エレクトロモビリティの発展において重要な役割を担っています。 リチウムイオン電池の性能は、エネルギー密度、電池残量や電池容量、充放電速度、耐用年数によって決まります。 リチウムイオン電池の欠陥同定は光学顕微鏡(LM)によって可能となり、微細構造の特性評価は電子顕微鏡によって可能になります。 それぞれの技法で得られる可能性のある情報は等しく貴重なので、光・電子相関顕微鏡が大変重要になります。 光・電子相関顕微鏡によって、セル設計と電池性能との関係を解析することが可能になります。 Shuttle & Findは、カールツァイス製の装置同士を相関させることができるツールです。

発電・エネルギー用推奨製品: