再生可能資源

世界人口増加と化石燃料の減少 – 唯一のソリューションは代替エネルギー源の探索

近年、非再生可能資源の活用技術は飛躍的に進歩してきましたが、多くの場合、需要は供給を上回っています。 太陽光による年間発電量は、2000年以来100倍近く成長していますが、効率を上げて製造費を減らすため、さらなる技術の進化が求められています。

太陽光発電

エネルギー関連組織が将来の増加する需要に対応できるよう、カールツァイスはそのような技術の進化を加速させる高度な装置を開発しています。 弊社の光学顕微鏡(LM)と走査電子顕微鏡(SEM)のソリューションの両方が、ソーラー業界で結晶シリコン太陽電池と薄膜太陽電池のそれぞれの開発に利用されています。 たとえば、カールツァイスのSEM装置によって、薄膜太陽電池で微細構造の系統的な相互作用、組成、電子特性を深く理解することができます。

リチウムイオン技術

Shuttle & Findの光・電子相関顕微鏡ソリューションがリチウムイオン電池研究の分野で、カソードとアノードの分離をチェックするために利用されています。 最初に光学顕微鏡で活物質のインターフェースと形態がチェックされます。 次に、SEMを使って、そのインターフェースに沿って詳細に化学組成の異常が解析されます。

正しいタスクの実行には正しいソフトウェアを

新たなソフトウェアを統合することで、弊社の顕微鏡の機能性と使いやすさは、格段に向上しています。粒子を自動で検知して特性評価し、天然資源を解析することができるようになっています。バイオマス燃焼プラントの効率化のために、大変正確な自動化されたソリューションも開発されています。ソフトウェアアプリケーションによって、発電所が伝熱管の汚れに対処したり、石炭とともにバイオマス原料を利用する実現性をテストしたりできます。

再生可能資源用推奨製品群:

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細