ライフサイエンス用顕微鏡

高感度のイメージング法で、より高速にデータを取得

できるだけ生体に近づくためには、分解能が高すぎる、速度が速すぎる、感度が高すぎるということはありません。ZEISSの ワイドフィールド顕微鏡、共焦点顕微鏡、電子顕微鏡、X線顕微鏡が、細胞内プロセスを明らかにしたり、サンプルの超微細構造の探求にどのように役立っているかをご覧ください。

新しい光効率化技術によって、蛍光顕微鏡での3Dライブセルイメージングをより低ダメージにする方法をご確認ください。走査電子顕微鏡(SEM)と集束イオンビームミリング(FIB‐SEM)により、脳の3Dイメージングをシナプスの分解能で行うことができます。

細胞生物学、がん研究、神経科学の分野では、科学的な疑問に答えるために、補完的な顕微鏡技術や対照的な技術を組み合わせる必要がよくあります。3D培養、スフェロイド、オルガノイド、さらには生物全体からのマルチモーダルデータをどのように接続して、サンプルの全体像を把握するのか、その方法をご紹介します。

Select your Field of Application

Developmental Biology

Know Your Model Organism

Explore Solutions for Your Core Facility 

Accelerate success with unique and robust microscopy solutions 

Neuroscience Research

The Study of the Nervous System

Cell Biology

It's All About Cells

Zoology & Plant Sciences

From Morphological Analysis to Function

Pharma & Biotech Industry

Drug Development and Biotech Innovation

Ultrastructural Investigations

From Microns to Angstroms

Imaging of Large Samples

Interdisciplinary Interactions

Deep Tissue Imaging

Gaining Deeper Insight into Biological Tissue