セラミック特性の評価、ガラスの解析、およびセラミック産業のためのソリューション

セラミックとガラス

セラミック:化学薬品および熱に対する耐性

セラミックは、建築材料、セラミックタイル、衛生器具など多数の製品の主要部品です。セラミック材料は、化学薬品や熱に対する耐性のような特性で特性評価されます。そのため、溶鉱炉の裏張りなどの非常に厳しい環境で耐熱材料として使用することが重要な用途となります。技術的に高度なセラミックは、セラミック絶縁体などとして電気電子工業でも使用されます。医用工学では、歯科インプラントや合成骨などの人工装具をヒドロキシアパタイトでコーティングします。新材料の開発においては、セラミックの微細構造と特性の間の関係を確定させる必要があります。故障解析においては、微細構造が破損の原因を特定するために必要な価値ある情報源となる可能性があります。品質管理においては、試料の顕微鏡写真を基準と比較して、一貫した製品特性を保証します。必要条件 (堅牢性、柔軟性、性能、および自動化) に適した顕微鏡を選択する必要があります。

微細構造解析

セラミックの微細構造は、材料の力学的特性および製品に大きく影響します。通常、明視野または暗視野の反射光顕微鏡を使用して解析されます。また、セラミックの結晶子の識別や構造観察にはしばしば偏光顕微鏡が使用されます。Axio Imager 2などの正立型の多目的研究用光学顕微鏡は、セラミック試料の微細構造への洞察力をもたらします。微細構造は部品や試料の性能と特性に直接関係します。また、故障解析においては破損のメカニズムを指し示す可能性があります。

ナノ構造解析

ガラスおよびガラスセラミックのナノ構造の特性については、必要な分解能によっては電子顕微鏡が有用です。この場合、<100nm未満の相分離のイメージングが可能なEVOMERLINSIGMAなどの走査電子顕微鏡(SEM)が解答になります。特に、結晶方向はEBSD検出器を使用して実行できます。非導電性試料の分析では、走査電子顕微鏡が有用な情報を提供します。

セラモグラフィ

他の材料組織学の分野と同様に、適切な試料調製 (切断、研削、研磨、およびエッチング) はセラモグラフィにおいて非常に重要です。解析対象となる特徴には、粒子、位相、微細孔が含まれます。適切な試料調製の後、AxioCamシリーズのデジタルカメラを使用して特徴が顕微鏡でイメージングされます。それぞれの特徴の分析は、最新版のAxioVisionソフトウェアを使用して、簡単かつ効率的に実行できます。

表面イメージング

 ORION NanoFabでヘリウムおよびネオンのイオンビームを使用すると、試料の上部5nmから二次電子が生成されるため、極めて表面精度の高い画像が生成されます。加えて、ORION NanoFabには独自のエレクトロンフラッドガンベースの帯電除去システムが搭載されており、セラミックやガラスなどの絶縁試料のイメージングが非常に簡単かつ効率的になります。

セラミックおよびガラス用推奨製品

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細