顕微鏡の複合材料特性ソリューション

複合材料

重量軽減による効率向上

複合材料は、作成される部品の軽さが大幅な重量軽減につながる可能性があるため、自動車産業および航空宇宙産業に普及しています。複合材料はハイテク人工装具や競輪用自転車の製造にも使用されています。光学顕微鏡と電子顕微鏡で調査すると、新しい複合材料の設計、工程管理、および故障解析において、複合材料の特性に関する重要な情報が得られます。

複合材料のカウント

複合材料は、高分子または樹脂基体と、高強度繊維などの充填材から構成されます (例: 炭素繊維複合材料)。作成される複合材料の構造に関するプロセスパラメーターと充填特性の効果は顕微鏡で調査でき、その結果として複合材料の機械的特性に関連する微細構造がわかります。

複合材料の相互関係

複合材料の形態は、補強粒子の形状、サイズ、および数で特性評価されます。別の重要なパラメーターとして、繊維と樹脂の体積分率があります。これは、試料の断面の関心領域内で直接測定できる画像解析を使用して求めることができます。複合材料の故障解析においては、破断面の裂け目とひび、および破損時に剥がれた補強粒子のような残骸の形状と状態に焦点を合わせます。EDXなどの電子顕微鏡分析は、材料のより詳細な化学組成を明らかにすることができます。光学顕微鏡と電子顕微鏡の組み合わせ (光・電子相関顕微鏡) は、複合材料を評価するための強力な手法となります。

関連する領域

  • 工程管理
  • 故障解析
  • 定量的および定性的な微細構造解析
  • 補強粒子の形状、サイズ、および数
  • 繊維および樹脂の体積分率
  • 破断面の裂け目とひび
  • 層の厚さ
  • 空洞率

複合材料用推奨製品

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細