鉱石の顕微鏡観察と鉱物の研究のための顕微鏡

鉱物と鉱石

色 - 偏光に関するすべてがここに

鉱石顕微鏡法と鉱物特性評価の作業には、光学顕微鏡と電子顕微鏡が欠かせません。典型的なアプリケーションは、鉱物の構造と遊離の同定、定量化、および決定です。大多数の岩石試料と鉱物試料は、光学異方性物質でできています。色は顕微鏡による鉱物同定に最も重要な特性の1つです。そのため、鉱物学的試料の同定と調査においては偏光顕微鏡が特に重要な役割を果たします。偏光顕微鏡によって、粒子のサイズや形状、結晶性、岩鉱物の形態を解析でき、同定の助けとなります。

さらなる特性解析

偏光顕微鏡で調査可能な鉱物のその他の特性には、多色性、屈折率、全般的な表面形態、双晶化、介在物、および劈開特性が含まれます。造岩時の状態 (当時の温度、気圧、成分、溶流からの結晶化、溶解からの凝固) が、鉱物の形態学的、結晶学的、および光学的な特性に影響します。そのため、特定の岩の起源に関して結論を導き出すことができます。

特定の作業のための検鏡法

研磨された薄片は偏光した透過光で調査できます。オルソスコピィ、コノスコピィ、DIC、および位相差などの幅広い透過光検鏡法を使用して、個々の結晶および鉱物粒子の同定が可能になります。不透明鉱物については、明視野、暗視野、DIC (微分干渉コントラスト法)、またはC-DICなどの反射光検鏡法を使用して、色、劈開面、双晶のような形態学的特徴を特定します。多くの場合、偏光観察で得られた干渉画像を解析することで、異方性材料の分類について、物体自体の画像を解析するよりも多くの貴重な情報が得られます。

適切な機器の選択

教育における鉱物学アプリケーションおよび鉱石顕微鏡法の研究作業には、簡単で基本的なものから非常に複雑なものまで、偏光顕微鏡を選択する必要があります。このような顕微鏡は、アップグレードで将来的にも利用可能であり、歪みのない光学系を持ち、オルソスコピィ、コノスコピィ、定量的測定 (例: 劈開角度) などあらゆる検鏡法および測定法に対応し、幅広いアクセサリとデジタル解析オプションを提供しなければなりません。

さらに深く調査する必要がある場合

走査電子顕微鏡は、鉱物相の分類と定量化、鉱物の遊離解析など、多用途に使用できる分析機器です。鉱石と&鉱物の特性評価に最もよく使用される信号は、化学情報を与えるBSEです。

鉱物と鉱石の推奨製品