紙と繊維

品質の判断

繊維の品質は原材料や最終製品 (薄織物、厚紙、衣類、カーペットなど) の特性を決定します。製造時や加工時に、紙はさまざまな方法で処理、表面加工、および工作されます。表面の特性、粗さ、繊維の形状と構造は、光学顕微鏡と電子顕微鏡を使用して分析できます。

共焦点トポグラフィ

共焦点レーザスキャン顕微鏡は、個々の繊維の形状と寸法、方向、積層、および密度の調査に特に便利な道具です。製紙業における重要なパラメーターである繊維の変形や柔軟性を調査するために、3D技術を使用することもできます。また、共焦点技術を使用すると、紙のトポグラフィと表面の粗さを明らかにすることができます。粗さのパラメーターは、専用の画像解析ソフトウェアを使用して定量的に求めることができます。

印刷品質と光学的な紙の特性

共焦点レーザスキャン顕微鏡に固有の利点 (非接触3D表面測定結果を直接取得する) は、製紙業と印刷業の両方で品質保証に利用されます。製造工程と印刷工程を最適化するためには、印刷品質と光学的な紙の特性を検査する必要があります。解析するパラメーターには、表面のトポグラフィ、質感、引張強度、繊維調製、インク層の厚み、および液滴のサイズが含まれます。また、ローラーなどの印刷機器の表面品質も検査する必要があります。

艶塗料

紙に光沢などの特性を与えるために、しばしば表面加工も行われます。ここで共焦点レーザスキャン顕微鏡を使用して、粗さを定量化し、滑らかさを測定し、層の厚さを決定します。これによって、工程に必要な調整を直ちに実行できます。

紙の損傷と化学組成

インクおよび手書きによる紙の損傷を調査するために走査電子顕微鏡を使用します。科学捜査と製紙業では、EDXを使用して化学組成を調査する場合があります。10nm未満の解像度で粗さや形状測定などの局所的な情報が必要な場合、走査電子分析が特に便利です。汚染物質、介在物、表面組織、破断面、および断面の構造と組成を同定します。

合成繊維と天然繊維

顕微鏡による調査は、紡績工業および複合材料の開発と製造でも重要な役割を果たします。繊維構造 (欠陥、柔軟性、長さ、直径) とその機械的特性の相関が研究され、合成繊維と天然繊維の両方が繊維の強度と寸法に従って分類されます。綿などの天然繊維は、細胞壁の清浄度、主成分、構造などについても調査されます。

関連する領域

  • 繊維の形状と構造
  • 繊維の長さと直径
  • 繊維の柔軟性
  • 繊維の方向
  • 繊維の変形と柔軟性
  • 清浄度、主成分、および内部構造
  • 引張強度
  • 品質保証
  • 工程管理
  • 表面トポグラフィ
  • 定量的な表面の粗さ
  • 滑らかさと光沢
  • 印刷品質、光学的な紙の品質、および印刷適性
  • インク層の厚みと液滴のサイズ
  • 印刷機器の品質管理

紙と繊維の推奨製品