ドキュメンテーション

データに関するすべてがここに

今日の顕微鏡法は、一連のデータ取得ステップと処理ステップから構成されます。顕微鏡用ソフトウェアは、試料の外観検査から、画像のとりこみ、画像処理と解析、アーカイブ、レポートまで、全段階を管理する必要があります。データは、顕微鏡用ソフトウェアが提供する階層構造のアーカイブ内で適切に編成されている必要があります。できれば、関連するすべてのデータレコードを単一のプロジェクト番号で保存します。

容易な管理

画像番号、取得日、顕微鏡設定、サイズとスケールのデータ、検鏡法などの情報を画像ファイルとともに保存する必要があります。注釈に容易にアクセスできるように、実画像に書き込むのではなく、個別のデータとして元の画像とともに保存します。何年か後にも同一の条件で画像と測定を再現できるように、画像のとりこみ情報はいつでも参照できるようにする必要があります。

透過性とセキュリティ

画像、品質保証、または顧客データの管理は、常に透過的で、保護されていなければなりません。アーカイブ機能には、プロジェクトやカテゴリ、時間枠、または試料名による検索を可能にする検索機能を含める必要があります。画像に関連付けられたキーデータは、明確に表示される必要があります。

レポート

レポート作成については、個別にフォーマットされたレイアウトまたは定義済みのレイアウトを選択します。測定値、分析結果、表、チャート、画像などの情報を、必要に応じて任意に配置できます。

ドキュメンテーション用推奨製品