測定

初心者から熟練者まで完全に対応

工業において品質保証を行う場合や、研究所で新素材を開発する場合、デジタル顕微鏡システムがアプリケーションの基礎を形成します。これは初心者にもエキスパートにも適し、アプリケーション固有のモジュールを提供し、社内の試験仕様や新しい基準への適合が容易でなければなりません。要約すると、マイクロレベルとナノレベルの両方で、個々の課題用にカスタマイズされた完全なソリューションを提供する必要があります。

対話式測定

面積、角度、周長、直径、重心などを含む基本パラメーターがすべての測定の基礎となります。しばしば、どの測定値をどの順序で取得するか対話式で決定し、指定の順序で実行させる必要があります。そのため、対話式測定モジュールは、基本的な幾何学パラメータや濃度値パラメータ、モノクロとカラーの測定値など、多数のパラメータを選択できなければなりません。

ルーチンワークの簡素化

多くの場合、自動測定プロセスを作成して、ルーチンワークを簡素化する必要があります。ソフトウェアは、測定パラメーターを選択し、任意の数の画像に適用できる必要があります。これによって、単一ステップを実行するだけで高速かつ正確で、再現可能な画像解析を実行できます。さらに洗練されたモジュールを使用すると、分割や二値化画像解析など、試料の構造全体を自動的に測定して文書化することができます。

トポグラフィと膜厚

製造公差を評価するために表面を検査する場合や粗さを測定する場合、ソフトウェアにはzスタック画像に基づく高さマップを作成するトポグラフィモジュールが必要です。これによって、画像に描画した輪郭線に沿って測定したり、基準に従ってうねりや粗さについて表面を分析したりすることができます。
工業や材料科学でしばしば遭遇する別の典型的な要求に、層 (各種コーティングなど) の厚さの測定があります。これには、試料の断面から単純な層および複雑な層を自動的に検出して解析できるソフトウェアモジュールが必要です。

残留物

自動車産業または製薬産業に従事していたり、機械部品の清浄度を扱ったりはしていませんか。フィルタ膜の残留物や潤滑油を分析したり、ダイカストの欠陥を検出したり、軟膏の結晶性薬物の分布を検査したりはしていませんか。完全に自動化され、一般的に使用されるすべての基準に適合した単一のステップで、あらゆるサイズの粒子を測定、分類、および文書化することができます。

鋼の非金属介在物

鉄鋼産業や鋼材製造業に従事していませんか。NMIを使用すると、鉄鋼内の非金属介在物の内容を自動的かつ再現性のある方法で求め、時間と予算を節約することができます。鉄鋼に関して一般的に使用されているすべての規格 (例: EN 10247) に適合して、最短時間で分析を実行します。

関連する領域:

  • 半導体
  • 計測工学

 

測定用推奨製品