金属組織学

標準と規格

金属組織学の多くの分析方法が標準や規格によって定義されています。これは鋼の非金属介在物 (NMI) の決定や粒子サイズの分析などに適用されます。国際標準に従ってこれらのパラメーターを決定するには、専用のソフトウェアモジュールを搭載した金属組織学システムまたは顕微鏡システムが必要です。非金属介在物 (鉄鋼の強度や耐破壊性において重要な要素) の標準試験方法は、高度に専門化されたソフトウェアモジュールを搭載した顕微鏡システムで実行できます。鉄鋼産業に従事している場合や鉄鋼製品を製造している場合 (例: 自動車産業、機械製造業) には、現在の国際標準に従った自動的かつ再現性のある方法で鋼の非金属介在物 (NMI) を解析できるシステムが必要です。

粒子サイズの調整

粒子サイズの分析は、鉄鋼などの金属製品の生産時に実行されるもう1つの重要な品質管理分析です。材料の粒子サイズは硬度や強度のような特性に寄与します。専用の顕微鏡用ソフトウェアモジュールを使用すると、現在の国際標準に従って、幅広い材料の粒子サイズを求めることができます。分析は自動化し、理想的にはさまざまな測定方法から選択できるようにする必要があります。

黒鉛粒子の解析

鋳鉄の機械的特性は、黒鉛粒子の形状、サイズ、および分布に大きく影響されます。これらのパラメーターは、黒鉛粒子測定および鋳鉄分析のためのソフトウェアモジュールを使用して、基準に従って決定および分類されます。この場合も、データを自動的に記録し、国際標準および社内のガイドラインに従って解析する機能が必要です。

多相解析

工業アプリケーションでしばしば使用される材料組織学的手法である多相解析は、位相を測定評価して微細孔を決定します。この場合も、位相分布、位相内容、位相のサイズ、形状、方向を正確に全自動で解析するために、特定のソフトウェアモジュールが必要です。

含まれる関心領域:

  • DIN EN 10247、DIN 50602、ASTM E 45、ISO 4967、またはJIS G0555に従った、鋼の非金属介在物 (NMI) の内容
  • DIN EN ISO 643、ASTM E 112、またはASTM E 1382に従った粒子サイズ解析
  • 鋳鉄/黒鉛粒子解析: EN ISO 943に従ったサイズと形状、またはSAE J 1887に従ったモジュール性の決定
  • 多相解析

金属組織学用推奨製品