粒子解析

任意の粒子の解析

粒子解析では、試料のデジタル画像を粒子の数、サイズ、およびサイズ分布の点から解析します。アプリケーションに応じて、粒子は金属の屑またはその他の汚染物質 (例: 流体および機械部品の清浄度を調べる場合)、晶子、細孔、欠陥、または泡のいずれかです。いずれの場合でも、正確な測定、高解像度、電動式ステージ、モザイク画像、および画像解析ソフトウェアに関して、同じ基本条件が適用されます。

残留物

残留物の決定は典型的かつ重要なアプリケーションの1つです。多くの業種で、業界標準およびガイドラインに基づいて製品の清浄度を保証し、文書化する必要があります。製造部品は残留物や汚染物質で覆われている場合があります。任意の部品を一定量の流体で洗浄し、フィルタ膜で濾過します。フィルタに付着した汚染物質を顕微鏡で分析できます。

粒子と錠剤

製薬産業では、しばしば粒子のサイズと有効成分の分布が効能に重要です。これは、軟膏や錠剤と同様にさまざまな調製における有効成分に関係する場合があります。いずれの場合でも、粒子の分布を測定して、基準または作業プロセスで指定されている分布と比較する必要があります。
その他の用途としては、潤滑剤の中の汚染物質の調査 (例: 風力発電機、ダイカストの欠陥) があります。鋳物の欠陥 (くぼみや細孔など) は破砕の原因となる可能性があります。製造プロセスを最適化するために、鋳物の欠陥をサイズに従って等級付けします。

再現可能な自動化

標準では自動画像解析を使用した測定と使用しない測定の両方が規定されていますが、最近の技術レベルでは自動画像解析です。これは、試料全体を単一ステップで分析し、自動的に粒子サイズを等級付けし、最も小さい粒子に対しても標準に準拠した再現性のある結果を提供し、社内試験に容易に組み込むことができなければなりません。

マイクロ粒子とナノ粒子の完全なソリューション

Shuttle & Findで光・電子相関顕微鏡を使用すると、粒子の化学組成についてより詳細な情報を得ることができます。EDX検出機能がある電子顕微鏡が主要な機能を提供します。

粒子解析用推奨製品